1441名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

夏の肌ダメージはアフターケアが鍵!

更新日:2016/12/09 公開日:2013/02/20

苦しい夜から目覚めて鏡を見れば、なんだか冴えない顔色…。手触りもゴワついているし、毛穴も開いているみたい。シワも戻りにくいし、いったいどうして!? ひときわ暑かった今年の夏、気になる肌ダメージにはアフターケアが必要です。

日焼け・シミだけじゃない、夏の肌にはキケンがいっぱい

日焼け止めの選び方

真夏の太陽の下では、日焼けなどの肌ダメージが気になるところ。日焼けやシミ防止策は万全!というあなた、照りつける日差しの怖さはそれだけにはとどまりません。紫外線は肌表面の角層の水分を奪い、新しい細胞をつくる土台のコラーゲンを破壊します。また、紫外線はDNAレベルでも肌を傷つけるので、ターンオーバーが乱れやすくなります。そして、どんどん古い細胞がたまり、これが肌のゴワつきやくすみの原因になるのです。

さらに、汗を拭くことで肌の天然保湿成分(NMF)やセラミドが奪われ、肌ダメージの原因になります。かといって汗をかいたまま放っておくと、肌の上で結晶化した塩分やミネラルが肌を傷つけてしまいます。しかも、暑い屋外で汗をかいて屋内に戻れば、エアコンの効いた室内により、肌の水分が奪われるばかりか、冷えで血の流れが悪くなり、肌に栄養や水分が行き渡らなくなる…!こんな怖いことだらけの夏の肌、どうやってお手入れしてあげればよいのでしょうか?

まずは角質ケアで、うるおい受け入れの準備を

夏の刺激を防ごうと分厚い角質で防衛モードになっている肌は、すぐにお手入れを受け付けてはくれません。まずは、肌が着ている角質の鎧を脱がせてあげるケアが必要です。肌表面に溜まった角質を取り去るには、ゴマージュやピーリングが効果的。触ったときにゴワつきやざらつきが気になるならゴマージュ、くすみが気になるならピーリングでケアしてあげましょう。

使うときは、これ以上肌に刺激を与えて防衛機能をはたらかせないよう、ゴマージュは摩擦を避けて押すように、ピーリングは蒸気やお湯で肌をゆるめてからソフトなタッチで。また、化粧水の前には導入美容液を使うのも効果的。導入美容液なら化粧水の通り道を肌に作ってくれるため、後から使うコスメの効能を高めてくれます。今使っている化粧水の前に加えるだけの手軽さも魅力。

本格的にケアするならばコスメだけでなく、酸化アルミニウムという細かい粒子を吹き付けるだけのクリスタルピーリング。また、熱作用が肌力をアップさせるレーザーピーリングなど医療の力も借りて、徹底的に夏の肌ダメージ回復を目指すのもオススメです。

2種類の化粧水で、ダメージ肌を芯からふっくらうるおして

日焼け対策グッズ

スキンケアを受け入れてくれる肌作りができたら、今度は化粧水でたっぷりのうるおいを届けてあげることが重要。まず、分子が細かく浸透性の高い、軽い質感の化粧水で水分の通り道を開きます。肌のうるおい受け入れ態勢が整ったら、次は保水力の強いとろみ系化粧水で肌にうるおいを引きとめる。2種類の化粧水をじょうずに使い分けるのがこのステップでのポイント。

細胞を芯からふっくらうるおわせることで、ダメージを受けにくい、強い肌の土台づくりをするのです。クリームやオイルといった油分を与えてあげる前のうるおい基礎工事こそ、夏の肌ダメージ回復のキーポイント。肌のバリア機能を高めるためには、化粧水とクリームの間にゲルなどの美容液を加えるのもオススメです。

さっぱりとした使用感ながらも高い保湿力があり、肌をしっかりとうるおいで満たしてくれます。乾燥で不安定になりがちな肌のコンディションも保たれ、うるおってさらりなめらかな肌へと導きます。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート