1486名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

乾燥肌のスキンケアとメイク

更新日:2016/12/09 公開日:2013/02/20

乾燥肌で悩んでいる人は、最近とても増えています。何をしても、どんな化粧品もあわず、スキンケアをすることさえも「怖い」という人もいるようです。しかしお手入れ法を変えるだけで、乾燥肌が改善する事があります。そこで今回は乾燥肌のスキンケア対策とメイクについてご紹介します。

洗顔

最近、朝は洗顔料を使わないでぬるま湯だけで洗うという方が増えていますが、皮脂を落としすぎないという点において、それも一案だと思います。

洗顔

寝る前に塗った、美容液、クリームなどの成分や、寝ている間に分泌された皮脂が酸化したり、また朝つける化粧水などが肌に入りにくくなる可能性もあるので、もしぬるま湯で洗った時に肌に何かの成分が残っているように感じる場合は、刺激の少ない洗顔料で軽く洗うようにしましょう。

夜は、刺激の少ないクレンジング剤でメイクなどの汚れをしっかりと落としてください。マイルドなクレンジング剤は、アイメイクを落としきれないことがよくありますので、目元だけは専用のクレンジング剤を使うことをおすすめします。

クレンジングは時間をかけて行うと、お肌への刺激となるので、素早く行うのがポイントです。あらかじめポイントメイクは落としておき、クレンジング剤を塗ってからメイクとなじませてからすすぐまで、だいたい30秒~1分程度と考えておいて下さい。この時クレンジング剤はしっかり落とすようにしましょう。

洗顔後、タオルで顔を拭く時は、ゴシゴシ拭かないように注意してください。水に濡れて、皮膚がふやけた状態にあるので、強くこするとタオルの繊維によって肌を傷付けてしまいます。決してこすらず、優しく押して拭くようにしましょう。特にタオルが古くなってくると、乾かした時に繊維がガサガサに硬くなり、肌を傷つけてしまいますから気をつけてください。

また、使用するタオルは、肌触りのよい柔らかいものを選んでください。湿ったまま放置されたタオルには、雑菌やカビが繁殖しやすいので、清潔なものを使ってください。

洗顔後にタオルで手を拭いた後、塗れた顔の上にティッシュを乗せて、自然に水分を吸収させ、スッと取るという方法もあります。今は、柔らかいティッシュも出てきていますので、乾燥肌への刺激は非常に少なくてすみます。

ティッシュをそっとあてて水分を吸収させれば刺激は少なくてすみます
図1 ティッシュをそっとあてて水分を吸収させれば刺激は少なくてすみます

ただし、刺激がないからと言って自然乾燥は厳禁です。洗顔後は、皮脂膜が取り去られて無防備な状態ですから、顔表面の水分が蒸発するときに肌内部の水分まで一緒に蒸発し、よけいに乾燥させてしまいます。

スキンケア

化粧水

乾燥肌に限りませんが、洗顔後はすぐに化粧水で保湿をしましょう。また、最近「とろみ」のある化粧水や美容液が多く出ています。「とろみ」が強いとよく潤うような気がしますが、肝心なのは肌の表面とあわせて肌内部が潤うこと。「とろみ感」よりも、配合されている成分を重視してください。

特に、肌の水分を維持するために大切な角質細胞間脂質であるセラミドや水分保持能力の高いヒアルロン酸をはじめ、ビタミンC誘導体(*1)の成分が入っているものを選びましょう。

セラミド配合のスキンケアについて詳しく知りたい方は、「セラミド配合化粧水の正しい選び方・使い方」や「セラミド配合美容液の正しい選び方・使い方」をご覧ください。

また、最近ナノ化で「真皮まで届く」といったものや「バリア機能を向上させる」というものも出ていますので、試してみるのも良いかと思います。

乾燥によって肌表面が肥厚してガサガサしている状態の場合は、スペシャルケアとしてグリコール酸が入った化粧水で軽く肌表面を拭き取ることで、皮膚のターンオーバーを促すことも重要です。ソフトピーリングを加えると乾燥肌の状態がよくなることもありますので、気になる方は、クリニックで相談してみてください。

(*1) ビタミンC誘導体は、通常のビタミンCよりも角質層への浸透がよく、水溶性と脂溶性があります。肌に吸収されると酵素の働きで活性型ビタミンCに変化し、メラニン生成を抑制するので、美白に効果的な成分です。さらに皮膚の内部でコラーゲンの合成を促進します。いくつか種類があるのですが、乾燥肌による小ジワ対策には水溶性と脂溶性を持つAPPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)がオススメです。

ビタミンC誘導体はお肌の中でビタミンCに変わります。紫外線により発生した活性酸素にも効果的
図 2 ビタミンC誘導体はお肌の中でビタミンCに変わります。紫外線により発生した活性酸素にも効果的

化粧水は手で?それともコットン?

化粧水は、手でつけましょう。この時、パタパタと肌を叩かず、じんわり押さえこむイメージで行ってください。押さえこむことで有効成分が浸透しやすくなりますし、手の圧力で密着度も高くなります。

また、手でつけることで、その日の肌の状態もわかります。生理前、排卵期、生理後など、脂の出方が違ったり肌の状態は微妙に違います。スキンケアは、1年中常に同じではなくて、肌の状態によってつける量やものを変えていく必要がありますが、基本的には、ラインで使うのがよいと思います。スキンケアに詳しい方は、メーカーごとに使い分ける方もいらっしゃると思いますが、メーカーが違うと成分の相性が悪いものもありますので、ライン使いが安心かと思います。

クリーム

お肌の水分を維持するためには油分も必要です。特に、目もとや口もとなど皮脂腺が少ない箇所には、クリームでしっかりと油分を補うようにしましょう。美容液だけで十分に潤うようであれば、クリームを塗らなくても大丈夫です。

他の顔の部位と比べ、角質層が薄いため、乾燥しやすいのが唇です。乾燥しても皮膚のターンオーバーが早いので、リップクリームやリップバームを塗ってサランラップのパックをするなどしてケアをすれば早く回復します。皮膚科で行う治療でも、薬を浸透させたい場合は、患部に薬を塗布し、密封しますが、それと同じです。

パック

スペシャルケアとしてパックもオススメです。手軽に手に入るシートパックを普段使いするのもよいですが、保湿効果のある化粧水、美容液などコットンに浸してパックする方法もお手軽です。パックは、密閉することにより有効成分も浸透しやすくなります。

メイク

メイクの前に基礎化粧品で、乾燥した肌を整え十分に潤いを与えておきましょう。

化粧品

ファンデーション

これまで乾燥肌の方は、皮脂や水分を吸収してしまうパウダータイプのファンデーションは避けた方が良いと言われていました。しかし最近では、パウダーファンデーションでも、美容成分が入っているものが多くなりましたので、保湿成分が配合されたものを選べば、乾燥肌の方は問題ないと思われます。

逆に最近のクリームタイプ、リキッドファンデーションは肌への密着度が高く、毛穴をふさいでしまうことによって皮膚呼吸がしにくくなったり、クレンジングの際に肌に負担がかかることも考えられます。いずれにしても厚塗りメイクは落とす時にも肌に負担がかかりますから、薄いメイクを心がけましょう。

アイメイク

アイシャドウなどを塗る前に、スキンケアとしてアイクリームを使ってしっかり保湿をしておきましょう。その際、クリームなどが肌になじむ前にメイクをするとよれたり、キレイにつきませんから、アイクリームがしっかり肌になじんでからメイクをするようにしてください。目の周りに赤みが出ている、かゆみがあるような時は、アイメイクは避けた方がよいでしょう。

口紅

リップクリームや口紅下地などを塗ってから口紅を塗るようにしましょう。また香料が乾燥肌の原因にもなることがあるので、香料が添加されていないものを選ぶのも良いかもしれません。

メイク用品に関しては、個人差があるので、「低刺激」のもので、使ってみて自分に合うものを見つけるようにしてください。また、パフ、ブラシを清潔に保つことも大切ですが、洗った後に洗剤が残らないように注意しましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート