1485名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビができる場所によってわかること

更新日:2016/12/09 公開日:2013/02/20

この記事の監修ドクター

東京警察病院 医師
澤田彰史先生

「二十歳を過ぎたら、ニキビじゃなくて吹き出物。」などと言いますが、当然ながらどちらも同じものです。ニキビは大人になってからもできます。最近は、ストレスのせいでニキビが治らず悩んでいる人も増えています。

大人になってからできるニキビの大部分は、口の周りか、フェイスラインです。これは、原因が“ストレス”だからです。…なぜ、ストレスが原因のニキビは口の周りやフェイスラインにできるのでしょうか?

ストレスがたまると、“アンドロゲン”という男性ホルモンが相対的に増えます。“男性ホルモン”といっても、女性にもあります。男性ホルモンが原因であるため、男性ならばひげが生える部分、つまり口の周りやフェイスラインにニキビができてしまうというわけなんです。その他、おでこにもできることがありますね。これは、睡眠不足で発生することが多いです。

頬や、コメカミにニキビができてしまう場合は、大人のストレスニキビというよりも、年齢的にもっと若い“青春ニキビ”の可能性が高いですね。

しかし、それで喜んでいては決していけません。 ストレスニキビだろうが、青春ニキビだろうが、ニキビは肌の老化を進行させてしまいます。ニキビの周りには、老化の原因物質である“活性酸素”がたくさん発生しているからです。

ニキビは皮膚科で治療しますが、薬では治りにくい場合があります。その際には、『ビタミン誘導体によるスキンケア』と『ケミカルピーリング』が行なわれます。 コストがかかりますが、効果も抜群です。

ニキビが発生したら、肌が老化しないようなるべく早く治してしまいましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア講座

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート