3468名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

オイリー&脂性肌さんの上手なメーク方法

更新日:2016/12/09

アブラ性、テカテカ、オイリー、脂ギッシュ……、脂の浮いた肌は不衛生なイメージを与えてしまいがち。特にオイリー肌の女性は、なかなかに深い悩みの一つなのではないでしょうか。

中学生ごろからテカリやニキビと戦うも、大人になっても一向に脂が収まる気配がない…。写真を撮れば鼻の頭だけピカピカ光るなど、心が折れそうになります。そんな、オイリー肌にお悩みのみなさんにオススメしたいメーク方法をいくつか紹介しましょう。

眉、まつ毛、口などのポイントメイクのみにしてみる

これが一番、オススメしたいメーク方法です。なぜかといいますと、出てきた皮脂のコントロールがしやすいのが理由です。職場や外出先でも、お手洗いに行く度肌の状態をチェックし、脂が出過ぎていれば拭き取るなどして整えることができます。

脂性肌はお肌の水分量が少ないために、皮脂の分泌が進むことがよくあります。可能なら、化粧水を持ち歩いて気づいたときにパッティングしましょう。一日に何回もこのようなことができれば肌の状態も安定します。それに何より「すぐに直せる」という安心感があります。ファンデーションをつけなくても大丈夫、というみなさんは、ぜひお試しください。

拭き取るメーク落としを常備する

職場やお仕事によって「フルメークは必須」という女性も多くいらっしゃると思います。そういう方は拭き取りタイプのメーク落としをいつも化粧ポーチに入れ、脂が目立ってきたら拭き取るようにしてみてください。拭き取ったあとはいつもどおり、ファンデーションを塗り直してください。そして化粧水などで、水分補給しましょう。

汗と脂でメークが流れ落ち、大きく開いた毛穴にファンデーションが引っかかっているという無残な状態は何としても避けたいもの。この方法なら常にきれいなフルメークを保てると思います。

スプレータイプの化粧水を持ち歩く

スプレータイプのミスト化粧水も、脂性肌の強い味方です。「脂、浮いてきたかな」というタイミングでメークの上から化粧水をたっぷりとふりかけ、ティッシュなどでオフしたあと化粧直しをしてみてください。ただ、手軽な方法ですが、肌の状態によってはうまくメークが直らない可能性もあります。ですからまずは、メーク直しができるかどうか家にいる時などに試してみることをオススメします。問題なければ、オンタイムに活用してくださいね。

脂性肌、特に顔のテカリは本当に目立ちます。濃いメークをしていたりすると、脂が浮いてきた時にファンデーションや下地クリームと混ざり合って、なおさらオイリーさが際立ってしまいます。メーク直しの時だけでなく、ハンカチやティッシュなどでさりげなく拭うことなども、忘れないようにしたいものです。

脂性肌は通常、加齢とともに落ち着いてきますが、そうでない方もいらっしゃいます。ですから「一つの体質」と大らかに受け止め、末長く付き合っていく気持ちを持つことも大事です。出てきた脂をこまめに拭き取り、素肌を可愛がってあげましょう。そんな優しい気持ちで脂性肌と接することができれば、きっと肌の状態も徐々にいいものになっていくことでしょう。テカテカをツヤツヤと思えるまで、肌をベストコンディションに近づけていきましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート