5226名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

脂性肌の方が使う化粧水について

更新日:2016/12/09

脂性肌と一口に言っても、さまざまなタイプがあります。例えば、赤く腫れて膿を持ったニキビがあるニキビ脂性肌、ニキビ跡を中心に毛穴の開きが気になる毛穴脂性肌、キメは整っているけれどとにかく脂が多い脂性肌・・・さまざまなお悩みを抱えていらっしゃると思います。

化粧水の選び方

ニキビ脂性肌ならば「ニキビ肌用化粧水」、毛穴の開きが気になるようなら引き締め効果に富んだ「収れん化粧水」、脂が多い脂性肌ならば「脂性肌用さっぱりタイプ」の化粧水などがあります。今自分に必要なスキンケアに合わせて選んだり、お店で相談したりして、自分にベストな脂性肌用化粧品を探すようにしましょう。

また、化粧品選びは自分の肌質をしっかりと把握するいい機会です。肌質は体調や加齢によっても変化していきますので、「少し肌の状態が変わったかな?」というときはスキンケアを見直すことを、視野に入れてもいいかもしれません。

自分に合ったものを見つけましょう

どんな肌質であれ、加齢とともに保湿力が弱っていくことは否めません。ですが、お手入れ次第で保湿力の低下を遅らせることはできます。ご自分の肌質にあった化粧品を、いつもたっぷりと使ってください。必ずしも値段の高いものがよいということはありません。大切なのは値段ではなく、自分に合っているかどうか。手頃なものでも合うものが見つかることがあるので、試してみましょう。

最近では化粧水を染みこませて使うフェイスマスクなども売っていますので、夜のリラックスタイムに好きな音楽などを聴きながら、ゆっくりと肌に水分を与えてあげるのもいいでしょう。一日のなかでこのような時間を設けることができれば、お肌も心も体もいい状態が保てそうです。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート