5155名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

すぐできる!眉間のシワ予防テクニック

更新日:2016/12/13 公開日:2013/02/20

眉間のシワ

ある日鏡をみると、眉間に小さなシワが・・・なんて経験はありませんか。これを「歳取ったのかなあ」で、片付けてはいけません。眉間にしわがあると老けてみえるのはもちろん、怒っているような、怖い人のような印象になってしまいます。このページではできてしまった眉間のシワを改善する方法、そして今後シワを極力作らないようにする方法を紹介しましょう。

シワへの対策と予防

保湿も大切ですが、眉間のシワにはマッサージと顔面エクササイズもオススメです。眉間や眉の周辺をゆっくりと揉みほぐすのも効果的ですし、コリやすい後頭部をマッサージするのも◎で、1日何回も行うよう習慣にするといいでしょう。

同時に実行してほしいのは、顔面のエクササイズ。まず、おでこにがっつりシワがよるくらいに大胆に、目玉をカッとみひらいてください。同時におでこの皮膚を上に持ち上げる気持ちでぐっと上を向き、その姿勢のままで舌を思いっきり出してください。この状態、キープするの大変ですね。マッサージとセットで行うと効果的です。

●眉間のシワに効く『顔エクササイズ』
(1)カッ!と目を思いっきり開く
(2)視線をぐっと上に向ける
(3)舌を思いっきり下に出す
※この状態を、できるだけキープする

慣れた頃には眉間のシワからも解放されているかもしれません。いったん刻まれたシワをリセットするのはなかなかに根気のいることですが、努力を重ねてシワのない素肌がよみがえった時の喜びを思えば、苦労のしがいもあるというもの。ここで紹介した眉間シワ対策はどれも日常でとりくめるものばかりです。歳だから、体質だからとあきらめずに、根気良く続けてみてください。

眉間のシワの原因

眉間のシワに悩める皆さん、目が悪かったりしませんか。ものが見づらい時に焦点を合わせようと目を半閉じにすると、眉間にシワがよりますね。これを長いこと繰り返すと、眉間のシワが定着します。シワを寄せるために、エクササイズをしているようなものです。このような表情をしないよう気をつけることはもちろんですが、メガネやコンタクトをお使いの場合は、度数があっているかどうか再確認してみた方がいいかもしれません。

そしてデスクワークや家事等、ひとり手元を見ながら作業をしているとき。仏頂面になっていませんか。作業に没頭するあまり、表情を作る筋肉がお留守になってしまい、全体にこわばった表情になります。

デスクワークやひとり家で家事をする時間が長い人は要注意です。知らないうちに、眉間のシワが濃くなってしまうことになりかねません。もちろん、水分量の低下や加齢という原因も否めません。特に眉間は洗ったり、化粧水やクリームを塗る際に気をつけていないと、お手入れが行き届かなかったりしやすい部位です。小さな部位ではありますが、シワがあると非常に目立つ場所でもあります。いつも気を配って、ノーシワでいられるよう努力したいものです。

※原因に関して詳しく知りたい方は『眉間のシワができる原因』を参考にしてください。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート