1197名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

やってはいけない、まちがった鼻の角栓ケア

更新日:2016/06/29

鏡を見た時、目につきやすい位置にあるせいでしょうか、鼻に浮かぶ白い角栓や黒ずみに対して、悩みを持つ方は非常に多いように感じられます。しかし、それらを無理にとろうとすれば、肌を傷め、トラブルを引き起こすことにもなりかねません。健やかな肌でいるために、正しいケアを身につけましょう。

毛穴パックの罠とは

毛穴ケアグッズの中で、圧倒的な人気を誇る、主に鼻用に作られた毛穴パックですが、手軽なのはもちろんのこと、その最大の魅力は、なんといっても、効果が目に見えて分かるところではないでしょうか。剥がしたパックにびっしりとくっついている角栓を見て、病み付きになってしまった方も多いはず。

しかし、毛穴パックは角栓のみならず、毛穴周囲の角質層も一緒にはがしてしまいます。

角質層は、(1)お肌の水分を保持する役割、(2)お肌をアレルゲンなどの異物から守る役割の2つを担っているので、角質層がはがされると、以下のような状態になります。

  • 水分の保持と外部刺激から自らを守るため、皮脂が余計にたくさん分泌される
  • 角質層を厚くしようと、角化が早まり、余計角栓ができやすくなる

角栓は、皮脂と角質が凝縮してできるものですから、皮脂分泌が増え、角化が早まれば、当然角栓はさらにできやすくなってしまいます。

※角質層の重要な働きや、水分を保持するメカニズムについては、『保湿のメカニズム』をご参照ください。

傷ついた角質層と開いた毛穴が引き起こすトラブルの数々

たしかに毛穴パックで角栓の汚れはとれるので、一時的にすっきりします。しかし、上述のように角質層が傷つき、水分を保持する能力や、外部からの刺激に対してのバリア機能が大きく低下してしまっています。

そのため、紫外線に弱く、シミやシワができやすくなったり、アクネ菌などが増殖し、にきびや吹き出物ができてしまうようなこともあります。

また、皮脂の分泌や角化が早まっているところに、毛穴がぽっかりと開いているため、汚れがたまりやすく、すぐにまた角栓に悩まされることになるのです。

これは毛穴パックだけでなく、指や器具で毛穴をおしあげて角栓をとるような方法にも同じことが言えますので、角栓が気になるときは、肌に負担をかけない方法でケアをしていくことが必要です。

毛穴ケアの基本は、無理にこじ開けないこと

毛穴ケアで大事なのは、毛穴を無理にこじあけたりはせずに、自然に開かせることが重要です。

蒸しタオルを顔にあてて、毛穴が開くのを待ってから、細かく泡立てた泡で洗顔をすると、角栓がたまりにくくなります。

角栓が気になる場合は、蒸しタオルで顔を暖めた後にオイルを使う方法もありますが、マッサージの摩擦によって角質層を傷つけてしまうと、毛穴パック同様の結果になりますので、力をいれずに優しく撫でるようになじませてください。

※正しい洗顔方法については、『意外と知らない人が多い“正しい洗顔”』をご参照ください。

今すぐ読みたい[PR]

平均回答スピード8時間以内!歯の悩みを手放すコーナー

現役の歯科医が直接お答えします 現役の歯科医が直接お答えします あなたの大切な歯に関するお悩みを、現役の歯科医にいつでも相談できる、ヘルスケア大学のQ&Aサービスです。

口がだらしなく見える…歯並びと見た目について 歯医者さんの料金を事前に知ることってできませんか?
歯医者流「歯医者さんの選び方」を教えてください 自宅でできるホワイトニングのメリットデメリットは?

Q&A一覧へ

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

[PR]

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

スキンケア大学マーク

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

[PR]