3071名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

カミソリでのムダ毛処理は、毛穴の開きに注意!

更新日:2016/12/09

処理するのが厄介なムダ毛ですが、既に習慣化してしまい、何も考えずに処理してしまっている方も多いのではないでしょうか。しかし、本来毛とは、身体を守るものなので、それを処理する除毛というのは、肌に大きな負担がかかる行為なのです。今一度、そのムダ毛処理を見直してみましょう。

カミソリは、肌に大きな負担がかかる

カミソリでの処理は、毛抜きで一本一本抜くよりスピーディに行えて痛みも無く、サロンやクリニックのように高額な費用がかかることもありません。数ある除毛方法の中でも、一番スタンダードな処理法といえるのではないでしょうか。しかし、剃ったムダ毛はすぐに伸びてしまいます。手軽に処理できる分、「伸びたらまた剃ろう」など考えてしまいがちですが、これがカミソリ処理の罠なのです。

毛だけを剃っているように見えても、実は毛と共に皮膚の角質も剥がれています。すると肌は炎症に近い状態になり、乾燥しやすかったり、かゆくなったりします。しかも、肌はその状態から抜け出そうと、メラニンを集めようとするので、色素沈着や黒ずみなどの肌トラブルにつながるケースもあります。また、意外と知られていないところで、自己流のカミソリ処理では、毛穴を広げてしまうことにもなるのです。

間違ったカミソリの使い方

近頃では複数の刃がついているカミソリも多いですが、複数の刃は、肌へかかる負担をも増やしてしまうので、なるべく一枚刃で、ガード式のものを選ぶようにしましょう。お風呂場に置きっぱなしの、いつ買ったか覚えていないようなカミソリを使い続けている、というような方もいらっしゃるかもしれません。鈍くなった刃を肌にあてるのは肌に負担を与えるだけでなく、衛生的にもよくないので、カミソリは適度に新しいものと取り替えることが大切です。

そして、仕上がりが綺麗になるからと言って逆さ剃りをすると、毛穴を押し広げる形になり、さらに毛穴がカミソリで傷つくとぱっかり開いてしまいます。ですから、毛を剃る時は、必ず毛の流れている方向にカミソリを動かして剃ることが大切です。

事前準備とアフターケアは怠らない

少しでも肌への負担を減らすために、忘れてはならないのが、剃る前と後に、適切なセルフケアをすることです。まずは清潔なお湯が張っている湯船に浸かって、剃る部位を温めます。こうして毛を濡らすことで、毛を柔らかい状態にして剃ることができます。長い毛はハサミでカットしてから剃るように心がけましょう。

剃る際にはシェービングジェルを使わず、ボディソープや石鹸の上からカミソリをあてる方も多いようですが、これはNGです。ボディソープや石鹸の泡はすぐに流れてしまうので、それではカミソリを直接肌にあてていることと変わりません。肌には必ずシェービングジェルを塗りましょう。剃り終わった後の肌は敏感な状態なので、熱いお湯に浸かるのは避け、刺激の少ないローションやクリームでしっかり保湿をすることも大切です。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート