1441名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

シミの種類に合わせたケア方法

更新日:2016/12/09 公開日:2013/02/28

シミの直接の原因は皮膚にあるメラニン色素の沈着ですが、更にその原因に遡ると、シミの種類によっても異なりますが、紫外線や老化、ホルモンバランスの乱れ、食生活、ストレス、遺伝的要因など、様々な要因が複雑に絡み合っています。

ここでは、それぞれのシミの種類とケア方法をご紹介します。ただし、シミの種類を正しく特定するのは簡単ではなく、間違ったセルフケアによってシミが余計に悪化してしまうこともありえます。セルフケアによりあまり変化が見られない場合は、皮膚科専門医に相談するのが一番の早道です。

肝斑(かんぱん)のセルフケア

30~40代の女性に多く見られ、頬骨のあたりや額、鼻の下などにできやすく、左右対称に現れるのが特徴です。妊娠やピルの服用を契機に発症することがあり、女性ホルモンが関係していると考えられています。

セルフケアとしては、悪化や再発の因子となる紫外線対策をしっかりと行い、擦るなどの刺激を極力避けて、なるべくメラニンを生成させない、沈着させない努力をしましょう。美白化粧品によるスキンケアはおすすめですが、早く改善させようと思ってすり込んだり、強くマッサージしたりすることにより炎症を生じ、さらに濃くなることがありますので注意しましょう。

食事ではメラニンの生成を抑制し、還元する効果のあるビタミンCやビタミンEを含む食材をこまめに摂取するようにしましょう。活性酸素を排除する働きのある、抗酸化物質を多く含む食材(トマト、ベリー類、鮭など)もおすすめです。

炎症後色素沈着のセルフケア

炎症後色素沈着とは、ニキビやかぶれ、火傷などの炎症が刺激となってメラニンが生成され、沈着し、シミとなって残ったものをいいます。1~2年で自然と薄くなり消えるケースがほとんどですが、いつまでも消えずに残ってしまうものもあります。

セルフケアとしては、まずはさらなる炎症を防ぐために、新しいニキビやかぶれ、湿疹をおこさないようにこころがけることです。改善しないようであれば早めにクリニックを受診し、色素沈着を起こすほどの強い炎症になる前に治療することが大切です。炎症後色素沈着は初期治療が肝心で、紫外線対策と美白剤の外用が中心となります。併せて、ビタミンC・Eの摂取もこころがけましょう。

ただし、この場合も肝斑と同様に過剰なセルフケアは禁物です。また、すでにできているシミを濃くしないための紫外線対策は必須です。半年から1年経って濃く残っている場合は、美容クリニックに相談し、レーザーや光治療を検討しても良いでしょう。

老人性色素班のセルフケア

「お肌は紫外線によるダメージを記憶している」と言われます。長年紫外線対策を怠ってきた30代以降の方に多いのがこのシミです。おでこや頬など紫外線を受けやすい部位に多く見られ、段々と色が濃くなっていきます。

老人性色素斑はセルフケアではまず治らない疾患ですが、今からでも紫外線対策をし、長期戦を覚悟して美白化粧品によるスキンケア、ビタミンC・Eの摂取をしていきましょう。

雀卵斑(そばかす)のセルフケア

5~6歳頃からでき始め、思春期頃にはっきりとしてくる、鼻~頬にかけてみられる小型のパラパラとしたシミのことです。遺伝的な要因が強く、夏場の紫外線によって濃くなりやすいといわれています。紫外線対策と美白化粧品によるスキンケア、ビタミンC・Eの摂取をしていきましょう。

光線性花弁状色素班のセルフケア

海水浴などで、強烈な紫外線を浴び、水ぶくれになるなどの強い日焼けをした後にできる花弁状~金平糖状のシミのことです。胸や肩、背中の上方に多く見られます。セルフケアとしては、強い日焼けをしないよう紫外線対策をしっかりと行うことです。ビーチでは紫外線防御能の高いラッシュガードを着用すると良いでしょう。特に小児や若年者は将来、皮膚癌のリスクが高くなるので、大人以上に注意が必要です。

もし強い日焼けをしてしまい、ヒリヒリ痛んだり、赤くはれ上がったり、水ぶくれになった場合にはよく冷やしてすぐにクリニックを受診し、早めに治療して炎症を落ち着かせることが大切です。そして、美白化粧品によるスキンケアを行い、ビタミンC・Eを積極的に摂取していきましょう。

クリニックでの治療法

これまでに紹介したシミはレーザーや光治療、高濃度のケミカルピーリング、イオン導入などできれいにすることができます。ただし、未治療の肝斑のみ、不用意なレーザー治療ではかえって濃くなってしまうことが多く、一般的にレーザー治療は禁忌とされています。

経験豊富な医師の場合、診察の後、肝斑でも照射可能な光治療やレーザートーニングなどシミの種類によって適した治療法を提案してくれます。上記の治療法のほかに美白効果の高いハイドロキノンや高濃度ビタミンC、ピーリングの効果の高いレチノイン酸の外用薬、メラニンの生成を抑えるトランサミン、ビタミンC、ビタミンE、L-システインなどの内服薬も併用すると効果的です。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート