1484名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

なぜ、おでこにシワができるの?

更新日:2016/12/09 公開日:2013/02/28

おでこのシワを気にする女性

できてしまうと、とても目立つのおでこのシワ。老けてみえるシワの代表格とも言えます。笑ったときや目を見開いたときなどに現れたりするものですが、放っておくと常におでこに刻まれたままになってしまいます。

年齢を重ねていくごとに現れやすいのですが、最近は20代など若者のうちから、おでこのシワに悩む人いるようです。では、一体なぜおでこのシワができるのかを、ここで解説していきましょう。

紫外線や乾燥など、肌への負担が原因に

シワができる原因のひとつとしてあるのが、紫外線や乾燥による肌への負担です。おでこは、日差しを受けやすく、外気にさらされやすい部分なので、特にシワができやすい分と言われています。

それが続くことで、結果お肌の加齢が進んでしまいます。つまり、肌に負担をかけるということは、老化現象を早めてしまうことになり、肌のたるみなども加わってシワになる場合もあります。年齢に関係なく、シワに悩むのは環境や肌質による影響が関わってくるのです。

おでこのTゾーンは皮脂の分泌量が多いので、乾燥とは無縁なイメージです。しかし、テカテカするのが気になるために洗いすぎてしまうことや、あぶらとり紙などで必要な皮脂までとってしまうと、乾燥を進めてしまったり、肌への負担につながるので注意が必要です。

表情のクセ、生活での原因も

そしてもうひとつ、おでこのシワをつくる原因が表情のクセです。たとえば、おでこを上げたり下げたり、伸縮させる動きを日常的に続けることでシワが刻まれてしまいます。表情が動くことによって、シワが少しずつ形状記憶され、加齢が進むと特に残りやすくなります。では、表情を動かさないのが良いのでは?と思いますが、一概にもそうとは言えません。表情筋が衰えると顔のたるみができたり、潤いが失われてしまい、シワにつながってしまうのです。そのためにも、しっかり保湿をしたり、マッサージをして表情筋を鍛えたりすることがポイントになってきます。

日々の生活にストレスを感じたり、疲れがたまると、睡眠中の表情が強ばっていることがあります。寝ている長い間、シワを作り続ける表情をしていた…など、暮らしの中でシワを作ってしまういろんな原因があるので、一度、意識して確認してみてもいいと思います。

※解消方法については『マッサージで、おでこのシワを改善』を参考にしてください。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート