3468名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビを自分でつぶしてはいけない理由

更新日:2016/12/09

「ニキビは汚い手で触らない」、「手でつぶすのはよくない」といった認識を持っている方は多いと思います。その一方で、よく言われるし、わかっているけれど、どうしてもやってしまう…。そんな方もまた、多いのではないでしょうか。実際、手を伸ばせば届く距離にあり、しかも顔にできた目立つニキビに触れずに過ごすのはなかなか忍耐のいるものです。

では、なぜニキビを自分でつぶしてはいけないのでしょうか?理由は大きく分けて2つあります。

雑菌が入り、炎症を起こしてしまう

1つは、手についている雑菌がニキビをつぶしたところから入って炎症を起こし、さらにニキビが悪化する恐れがあるからです。私たちの手は、キレイに見えて普段から目に見えない雑菌にまみれています。

消毒した針でつついたり、消毒した手でつぶしにかかる方もいるようですが、素人が自己判断で行うと、周囲の組織を傷つけて却って炎症を広げたり、ニキビ痕の原因となる恐れがありますので、やはりやめた方がよいでしょう。

ただでさえ、お肌のバリアー機能が破綻してアクネ菌が増殖している状況ですから、なるべく清潔にして刺激を与えないことがニキビケアの鉄則です。

刺激やキズがついて重度のニキビに

もう1つは、ニキビをつぶす過程で、周りのお肌を傷つけ、強い圧力をかけることが刺激となってメラニンの生成が促され、シミや色素沈着など、更なるトラブルの元となるためです。

そして、ひとたびニキビをつぶしてしまうと、その後もつい気になって、無意識のうちにしょっちゅう手で触れたりひっかいたりしてしまいがちです。悪癖として習慣化し、ストレスがかかると、つぶさずにはいられないという、「引っ掻きニキビexcoriated acne」という病名があるほどです。

このように、ニキビをつぶしたり、手でいじったりしていると、悪化するばかりでなくニキビ痕として残ってしまう可能性が非常に高くなります。絶対にやめましょう!

根本治療したいなら皮膚科への相談を

皮膚科では、ニキビの種類や進行状態を見極めた上で、適切なケアを受けることができるので安心です。ニキビの初期段階である白ニキビの状態であれば、毛包内に貯留している皮脂を圧出する(面皰圧出)処置を行います。

専用の器具(面皰圧出器)を用いて行う場合と、クリニックによってはCOレーザーを用いて圧出処置を行ってくれるところもあります。COレーザーによる圧出は、レーザーの熱作用によって面皰内の殺菌を行うことができ、さらに同じく熱作用により皮脂腺にダメージを与えることができるので、同じ場所にニキビができにくくなるといった嬉しい効果があります。

では、少し進行した赤ニキビの状態ではどうでしょうか?炎症を起こした状態の赤ニキビは、処置に伴う痛みが強いばかりでなく、さらに状態を悪化させてしまうことがあるので圧出処置は行いません。抗生剤の内服や外用により、炎症を抑える治療がメインになります。

さらに炎症が進み、膿みを伴ったニキビでは、膿を出し、炎症を抑える注射を併用することもあります。また、ニキビの治療だけでなく白ニキビの予防という意味合いにおいては、皮脂の分泌を抑制するビタミン剤の内服や、お肌のターンオーバーを整える外用薬も有効ですし、皮膚科で定期的にケミカルピーリングを受けるのもオススメです。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート