5223名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビができやすいヘアスタイルにご注意

更新日:2016/12/09

おでこは、皮脂の分泌の多いTゾーンや汚れのたまりやすい髪の生え際があり、ニキビや吹き出物ができやすい条件がいろいろと揃ったトラブル物件です。そんな悪条件の一つに前髪の存在が挙げられます。前髪を下すヘアスタイルの方は、要注意ですよ!前髪が触れるだけでも蒸れや汚れ、刺激になりますが、特にぱっつん前髪は最もニキビができやすいヘアスタイルと言えそうです。

特に、毛先が当たるところは、毛の流れが覆っているところよりも強い刺激を受けてしまいます。
もし、目立つニキビを前髪で隠している方がいたら、それはニキビを悪化させる行為にほかなりません。前髪をなくすのがベストですが、どうしても隠したいのなら、前髪の量をできるだけ減らして、横に流してピンでとめるなど、少しでも刺激を少なくする工夫をするとよいでしょう。

前髪による刺激とニキビへの悪影響

前髪による刺激は侮れません。前髪を下している場合、殆ど一日中、おでこは前髪による刺激を受け続けることになります。おでこは皮脂の分泌が多く、ただでさえ毛穴は詰まりやすい状態ですが、そこへ絶えず前髪による刺激が加わると、刺激からお肌を保護するために角質は硬くなり、余計に毛穴詰まりを助長させてしまいます。そして前髪が覆っていることによって起きるムレも、アクネ菌を喜ばせてしまうんです。

シャンプー・リンス、整髪剤による刺激

忘れてはいけないのが、毛髪についている汚れによる刺激です。髪の毛って、思った以上に汚れているんですよ。シャンプー・リンスの洗い残しは勿論のこと、整髪剤も刺激になってしまう場合があります。

整髪剤には、ワックスやジェル、スプレーなどなど色々な性状のものがありますが、その構成成分に大きな違いはありません。端的に言ってしまえば、髪をアクリル樹脂系の接着剤で固め、表面を薄いプラスティックの膜で覆い艶を出すようにできています。他に油分やアルコール、界面活性剤なども含まれています。これらがお肌に付着すると、刺激を与えたり毛穴を塞いでしまうことは目に見えています。急におでこニキビが増えてきた…という場合、使っているシャンプーやリンス、整髪剤がお肌に合っていない可能性を疑ってみるのも有効です。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

スキンケア講座

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート