1426名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

頭皮環境をすこやかに保つ日常ケア方法

更新日:2017/03/10 公開日:2013/03/28

フケやかゆみが出てから、慌てて頭皮を整えようとするよりも、やはり日頃から頭皮をすこやかに保つことが大事です。頭皮が健康であれば、髪も美しくなり、薄毛やパサつきなどの髪の毛のトラブルに悩む心配もなくなります。

ここでは、日常生活の中で、健康な頭皮を保つためのポイントを解説していきます。

毎日のシャンプーの代わりに

トラブルを抱えている大半の女性は、髪の洗いすぎが原因です。指の腹をつかってしっかりマッサージをすれば、余分な皮脂は落ちて清潔な状態を保てますので、シャンプーは1日おきで十分です。毎日の洗髪はお湯だけでも構わないのです。

マイルドなアミノ酸系のシャンプーは刺激が低く、おすすめではありますが、今使っているシャンプーに特別不満がないのであれば、わざわざシャンプーを替える必要はありません。

その代わり、毎日のバスタイム時間の5分ほどを使って、湯船に浸かっているときなどにでも、頭皮をよくマッサージしてあげましょう。血行がよくなり、新陳代謝を促すことによって、頭皮のターンオーバーがスムーズになります。

特別なケアはいりませんが、もし週に1日ほど時間がとれそうな日があれば、セルフヘッドスパをするのもおすすめです。

セルフヘッドスパの方法は簡単です。シャンプー前の渇いた状態の頭皮に、普段使っているクレンジングオイルを塗って、マッサージするだけです。オイルが皮脂と中和することで、毛穴につまった汚れを浮き出すことができますが、やりすぎは皮脂のとりすぎにつながるので、必ずマッサージする時間は2分以内にしましょう。

オイルが頭皮に残った状態はトラブルの原因になるので、その後は、シャンプーを使ってしっかり洗い、すすぎも念入りに行うことが大事です。

美しい髪のためには、睡眠は大切!

睡眠が不足すると身体や精神にさまざまな悪影響を及ぼしますが、髪も例外ではありません。頭皮の細胞や毛母細胞が修復されないため、新たな細胞が作られなくなってしまうのです。

だからといって、単に睡眠時間をとればいいという問題ではなく、実は、睡眠の質も大切です。毎日たっぷり寝ているのに、何となく疲れがとれないという方は、睡眠の質が悪いと言えます。

現代人にとってはなかなか難しいことかもしれませんが、毎日規則正しい生活を送ることが大事です。人間の身体には体内時計があり、朝日を浴びてから16~17時間ほどで眠くなり始めます。ちょうど副交感神経が優位になり、身体がリラックスできる午後11時から午前0時くらいに就寝し、午前6時から7時ごろに目覚めるのが理想的といわれています。

早く眠るのは難しいという方でも、成長ホルモンの分泌が活発になる午前2時までには眠り、ちょうどノンレム睡眠からレム睡眠に切り替わる90分の倍数の時間の睡眠時間で目を覚ますようにすれば、短くとも、質のよい睡眠を確保することができます。

寝たいのに眠れないという方は、身体が緊張状態にあります。就寝30分前はパソコンやテレビ、携帯電話の使用を控え、やわらかい照明に落とし、身体をリラックスさせてあげましょう。リラックスできるヒーリング系の音楽や、アロマなども効果的です。

頭皮に悪影響を及ぼす習慣は絶つ

人は、交感神経と副交感神経が常に入れ替わることで、心身のバランスを保っているのですが、ストレスが続くと交感神経が優位になります。交感神経が優位な状態が続くと、顆粒球というものが増え、さまざまな組織を破壊するので、身体に悪影響が出ます。

栄養の偏った食事

インスタント食品は今や手軽な食料品の1つとして食卓にのぼります。しかし、中には高カロリーで動物性脂肪酸を多く含むものもあり、そのような食品を摂りすぎると血液中のコレステロールの割合が増えて血管をつまらせてしまうことがあります。すると、毛乳頭への血流が滞ることもあります。偏食がそのまま頭皮環境の乱れにつながるわけではありませんが、血流が阻害されること自体健康にとってよいことではありません。注意してバランスのよい食事をとりましょう。

ストレスは諸悪の根源だった

ストレスはあらゆる病気のもとになりかねません。髪にとっても同様です。過度なストレスは自律神経を緊張させ、血管の収縮により頭皮の血流を悪くします。また前述したように、睡眠は美しい髪に不可欠です。ストレスにより睡眠が不足すると、成長ホルモンの分泌を妨げてしまい、結果として頭皮環境の乱れをきたします。

間違ったお手入れ法

頭皮環境の悪化の原因は、毎日行うお手入れ法が間違っていた場合もあり得ます。

体質に合っていない育毛製品を利用することや、頭皮を洗いすぎること、間違ったドライヤーの使用も頭皮環境の乱れに直接つながります。正しい知識を知って頭皮環境は清潔にしておきましょう。

美しい髪のためにさまざまなことに気を配って

頭皮への影響といえば、白髪が増えたり、薄毛になったり、最悪、円形脱毛症になってしまうようなケースもあります。ストレスを受けない生活を送ることは難しいかもしれませんが、自分なりにストレスを発散できる趣味を持ちましょう。特に運動をすると、ストレス発散になるだけでなく、全身の血流がよくなることで、頭皮にも栄養がいきわたりやすい環境が整います。

髪にとって一番よくないとされるのがタバコです。タバコは血管を収縮させるので、運動とは逆に、血液が行き渡らなくなり、髪をつくるもとになる毛母細胞まで栄養が運ばれなくなり、薄毛や髪トラブルの原因になるので、やめられるのであればすぐにやめるのがよいでしょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート