5182名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

シャンプーとリンスの正しい使い方

更新日:2017/03/28 公開日:2013/03/28

毎日念入りにトリートメントをしているのに、なぜか髪がパサついたり、ツヤがないという悩みの声を多く聞きます。流行のノンシリコンシャンプーを使ってはみるものの、効果はイマイチ、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、毎日の髪の毛の洗い方、そのものに問題があるかもしれません。ここでは、正しいシャンプーとリンスの使い方と手順について学んでいきましょう。

シャンプーをつけるその前に…

まず、お風呂に入る前に、しっかり髪の毛をブラッシングしましょう。見落としがちなところですが、ブラッシングはとても重要です。洗っている最中に髪が絡まるのを防ぐだけでなく、余分なホコリやゴミが落ちるので、これだけでも十分、きれいな髪に近づく一歩と言えるのです。

そして、シャンプーをつける前に、まずはお湯で髪をよく洗い流します。これも、髪の毛全体をざっと濡らすのではなく、頭皮全体がお湯で浸るくらい、しっかりと濡らしておくことが肝心です。汚れやホコリはもちろん、ワックスやヘアスプレーなどの中には、水で落ちるものもあるので、お湯で洗い流すだけでも十分綺麗になるのです。

実は、ここまでの段階で、既に髪の毛の汚れの半分以上が落ちているので、まずはシャンプーをつける前に、これらのことを意識してみましょう。

正しいシャンプーの使い方

髪の毛と頭皮をお湯で流したあとは、いよいよシャンプーに入ります。

シャンプーは適量を手にとり、髪の毛ではなく、頭皮に直接もみこんでいくイメージでなきませていきます。洗い心地が良いせいか、一生懸命泡立てようとして、大量にシャンプーをつける方がいらっしゃるのですが、頭皮の汚れは泡で落ちるものではないので、たくさんつけてもあまり意味はありません。頭皮の汚れは、指で落としていきます。

洗うときは、そのまま頭皮をマッサージするような感覚で洗っていきましょう。爪をたててゴシゴシ洗ってしまうと、知らず知らずのうちに頭皮は傷つき、薄毛などの髪トラブルの原因となりますので、手から力を抜いて、指の腹を細かく動かしながら、洗っていくことが大切です。

髪の毛は、頭皮を洗うときの泡で、自然と汚れは落ちていきますので、髪の毛だけを後から洗う必要はありません。最後に、シャンプーを落とすときは、念入りにしっかりと洗い流すことを心がけましょう。

正しいリンスの使い方

シャンプーをしっかり洗い流し終えたあとは、髪の毛を軽くタオルドライしてから、リンスをつけていきます。

シャンプーの特徴は、髪の毛ではなく頭皮をマッサージすることでしたが、リンスはその逆で、髪の毛そのものに対して、練りこむようにつけていきます。

頭皮にリンスがついてしまうと、せっかくシャンプーで綺麗になった頭皮が汚れやすくなるだけでなく、リンスに含まれる油分で毛穴がふさがれてしまい、頭皮ニキビなどのトラブルになりますので、リンスは必ず髪の毛だけにつけるようにしましょう。

髪の毛を数本の束に分け、それぞれの束に叩き込むようにしてリンスをつけていくと、髪全体に浸透しやすくなります。ついつい、手が届きやすい外側の髪の毛ばかりにリンスをつけがちなのですが、いつもは顔に面している、内側にある髪の毛にも、しっかりリンスをつけてあげましょう。

最後に、リンスを洗い流します。しっかり流すことはもちろん大事なことですが、だからといって髪の毛を乱暴にこすれば、傷ついた髪が、切れ毛や枝毛などの原因になります。リンスを洗い流すときは、シャワーの水圧を使い、手には力を入れず、撫でるようにしながら、優しく流していきましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート