1415名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

唇の荒れ、乾燥のケア方法

更新日:2016/06/29

リップクリームの使い方、間違っていませんか?

唇は水分を保持する角質層がとても薄く、皮脂を分泌する皮脂腺がないので、荒れやすい構造をしています。

そんなデリケートな唇は、リップクリームの正しい使い方を知っているかどうかで、状態に大きな差が出てきます。ここではリップクリームの正しい使い方を紹介していきます。

一般的なリップクリームは、唇が乾燥する前に使うもの

リップクリームは、唇に潤いを与えて荒れを【防ぐ】のが目的。荒れてから使っても遅いのです。

「薬用」「医薬部外品」と表記されたものは、唇ケアに有効な成分が入っているというものですが、唇の荒れを予防するという意味では基本的に同じです。「唇が渇いて割れてしまった…」と、これらのリップクリームを塗るのではなく、唇が荒れていない普段から、リップクリームで保湿ケアしておくことが大切です。

荒れてしまった唇には、医薬品のリップクリームを

乾燥により荒れてしまった唇には、唇の荒れを治療する目的の「第3類医薬品」と表記されたリップクリームが効果的です。こちらは医薬品の部類に入り、唇の荒れを治すのが目的のリップクリームです。ややお値段は高めですが、荒れてしまった唇には、こちらのタイプのリップクリームを使いましょう。

効果的なリップクリームの塗り方

リップクリームを塗る際は唇のキメに合わせて縦向きに塗っていくのがポイントです。また、リップクリームが冷えている場合は、リップクリームの先端を温めて柔らかくしてから優しく塗るとよいでしょう。

リップクリームが手放せないのは、唇の異常かも?!

リップクリームは、塗りすぎもよくありません。1日に、多くても5回くらいまでに留めましょう。しかし、「リップクリームが手放せない」という方は、唇がリップクリーム、口紅、歯磨き粉などの成分でアレルギー反応やかぶれを起こしてしまっている可能性があります。

「リップクリームを塗る」「かぶれやアレルギーで唇が荒れる」「更にリップクリームを頻繁に塗る」という悪循環に陥っていても、単なる乾燥だと思い、自分ではなかなか気がつかないもの。あまりにリップクリームが手放せないようなら、一度皮膚科医に相談するのがおすすめです。

今すぐ読みたい[PR]

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

[PR]

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

スキンケア大学マーク

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート