2272名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

唇の荒れ、乾燥のケア方法

更新日:2016/11/04

この記事の監修ドクター

スキンケア大学参画ドクター先生

唇が乾燥

唇が乾燥する原因

唇の乾燥の改善のためには、まずは乾燥の原因についてしっかりと知ることが大切です。口周りの乾燥の原因は、大きく分けると「生活習慣によるもの」と「皮膚疾患によるもの」の2種類があります。

※疾患とはいわゆる病気のことです。

生活習慣による乾燥

・間違ったスキンケア

生活習慣による乾燥の代表例としては、間違ったスキンケアがあります。肌というのは非常にデリケートな部分ですから、正しくスキンケアをしないとどんどん乾燥し、どんどん荒れていくことになります。

洗いすぎたりこすりすぎたりしていると、角質層がダメージを受けて、バリア機能が失われてしまいます。すると水分保持力も低下してしまうため、乾燥しやすくなってしまいます。特に、濡れた状態で摩擦を受けるとダメージも大きくなりますので、濡れていることの多い口周りは乾燥しやすいというわけです。

・落ちにくい口紅

口紅の選び方に問題があるというパターンも多いでしょう。落ちにくい口紅は生活の中では便利かもしれませんが、落とすのに苦労するというデメリットもあります。そこで洗浄力の強いクレンジング剤を使ってしまうと、本来必要なはずのうるおいも一緒に奪われてしまうことがあります。

・食生活の乱れによる栄養不足

角質層が薄く、皮脂腺がほとんどない唇は、皮膚の中でも特に栄養不足による肌荒れがダイレクトに現れてしまいます。普段から外食やコンビニ食が多い、口内炎やニキビなどの肌荒れを併発している場合は注意が必要です。

皮膚疾患による乾燥

・舌なめ皮膚炎

舌なめ皮膚炎は、文字どおり舌で口の周りをなめてしまうことによって起こる皮膚炎です。子供に多い皮膚炎ですが、大人でもなめるくせがついている場合は頻繁に起こります。

口周りが乾燥していると、ついつい舌でなめて濡らしたくなります。しかし、すでに肌荒れが進行してしまっている場合には、唾液の刺激はかえって症状を悪化させることになりかねません。

・アトピー性皮膚炎

口周りに色素沈着が見られる場合には、アトピー性皮膚炎かもしれません。アトピー性皮膚炎になると肌のバリア機能が低下するため、わずかな刺激にも敏感になって、すぐに乾燥しやすくなります。

「自分はアトピーではないから関係ない」と思っている人もいるかもしれませんが、口周りだけに症状が出るタイプのアトピー性皮膚炎もあります。唇や口角が荒れがちな人は、色素沈着がないか確認してみる必要があるでしょう。

・接触性皮膚炎

リップクリームや口紅、歯磨き粉、歯科治療で使われた充填物、そして唾液などは、唇や口周りの接触性皮膚炎の原因になりえます。

唇を守る正しいリップクリームの使い方

乾燥予防には一般的なリップクリーム

リップクリームは、唇にうるおいを与えて荒れを【防ぐ】のが目的。荒れてから使っても遅いのです。

「薬用」「医薬部外品」と表記されたものは、唇ケアに有効な成分が入っているというものですが、唇の荒れを予防するという意味では、基本的に同じです。「唇が渇いて割れてしまった…」と、これらのリップクリームを塗るのではなく、普段からリップクリームで保湿ケアしておくことが大切です。

唇が乾燥で荒れたときは医薬品のリップクリーム

乾燥により荒れてしまった唇には、唇の荒れを治療する目的の「第3類医薬品」と表記されたリップクリームが効果的です。こちらは医薬品の部類に入り、唇の荒れを治すのが目的のリップクリームです。ややお値段は高めですが、荒れてしまった唇には、こちらのタイプのリップクリームを使いましょう。

唇の乾燥に効果的なリップクリームの塗り方

リップクリームを塗る際は唇のキメに合わせて縦向きに塗っていくのがポイントです。また、リップクリームが冷えている場合は、リップクリームの先端を温めて柔らかくしてから優しく塗るとよいでしょう。

リップクリームが手放せないのは、唇の異常かも

リップクリームは、塗りすぎもよくありません。1日に、多くても5回くらいまでに留めましょう。しかし、「リップクリームが手放せない」という方は、唇がリップクリーム、口紅、歯磨き粉などの成分でアレルギー反応やかぶれを起こしてしまっている可能性があります。

唇の乾燥に効果的な栄養素と食材

バランスよく栄養を摂取することは、唇に限らず、肌や体の健康を保つために必要なこと。特に、健康な肌や髪をつくり、粘膜を保護する作用のあるビタミンB2の不足は、唇の荒れにつながりやすいといわれています。

ビタミンB2は、レバー、うなぎ、納豆、たまごのような食品に多く含まれます。足りないと感じられる方は、意識して摂取してみてください。

上記のほかにビタミンB2を多く含む食品や、ビタミンB2の上手な摂り方については『肌荒れ対策サプリメント「ビタミンB2」』で解説しているので、あわせてご覧ください。

唇の乾燥による荒れに効果的なパック方法

唇が荒れているときに簡単にできて効果的な唇パック。リップクリームではなく、はちみつやオリーブオイル、ワセリンを使うので、リップクリームの成分にアレルギーのある方でも実施できます。

はちみつとワセリンの唇パック

(1)蒸しタオルを準備し、唇に優しくあて、数分くらい唇を温めます。

(2)はちみつとワセリンを1:1で混ぜたものを唇にのせます。

(3)ラップで唇を覆って、5~10分ほどパックします。

(4)ラップを外し、優しくふき取ります。

はちみつとオリーブオイルの唇パック

(1)蒸しタオルを準備し、唇に優しくあて、数分くらい唇を温めます。

(2)オリーブオイルを唇にたっぷり塗ります。

(3)次に、はちみつを唇に優しくのせます。

(4)ラップで唇を覆って、5~10分ほどパックします。

(5)ラップを外し、優しくふき取ります。

唇パックの注意点

正しく行えば荒れた唇に大変効果的な唇パックですが、間違ったやり方を行うと、余計唇を荒れさせてしまいます。以下のような点に注意し、正しく実行してください。

・パックは長くやりすぎない

効果的だからと、10分以上ラップをかけたままにせず、必ず5分から10分でラップを外すようにしましょう。

・刺激を感じたらすぐに中止

口に入れても安心なものや、多くの人に効果的でも、自分に合わなければ逆効果。もし刺激や異変を感じたら、すぐに中止し、パックを拭き取りましょう。

唇の乾燥は賢くケアを

唇の乾燥予防には一般的なリップクリーム、乾燥してしまったら医薬品のリップクリームと使い分けたり、パックを行うことで唇のうるおいを保つことができます。

もし、あまりにリップクリームが手放せないようなら、一度皮膚科医に相談するのがおすすめです。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア本

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

スキンケア大学マーク

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート