1441名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

バストトップの脱毛で注意したいこと

更新日:2016/12/09 公開日:2013/04/30

バストケアのうち、バストトップの脱毛は特にやりにくいものです。乳輪は敏感な箇所なので、無理に毛を抜いたりすると皮膚をキズつけてしまったり、色素沈着を起こしてしまったりと、肌トラブルを起こしてしまいかねません。そこで、バストトップの正しいセルフ脱毛方法や注意点などを知ることによって、できるだけお肌へ負担を与えないようにしましょう。

お肌への危険性の高い脱毛方法

毛抜き、カミソリ、電気シェーバー、毛を溶かすタイプの除毛剤、脱色剤など、さまざまな脱毛方法がある中で、どれが一番バストトップの脱毛に向いているのでしょうか。毛抜きは一見仕上がりがキレイなのでよいと思われがちですが、無理に抜くと毛根を刺激してしまったり、毛を抜いた後の毛穴から雑菌が入って炎症してしまったりすることもあり、敏感なバストトップの脱毛にはあまりふさわしくないようです。

また、カミソリでの処理は、皮膚の表面が傷つくので、色素沈着などの黒ずみやカサつき、炎症などのトラブルにつながりやすいと言われています。表皮の角質もはがれてしまうこともあるので、肌荒れも起こり得るのです。

溶解クリームやムースなどの除毛剤は化学薬品であることから、肌まで溶かしてしまったり、皮膚を傷めたり、かぶれやアレルギーを引き起こすこともあります。脱色剤も同様に、敏感肌の方などは肌荒れやかぶれなどを引き起こすこともあります。

このように、どの脱毛方法も肌へ何かしら負担を与えてしまうもの。この中でバストトップの脱毛としては、表面の毛をサッと除去するだけの、カミソリや電気シェーバーが比較的安全な方法だと言えるでしょう。

バストトップの脱毛方法と注意点

では、電気シェーバーやカミソリで、実際にバストトップの脱毛を行う方法を順を追ってご紹介しましょう。できるだけ肌に負担をかけない方法です。もちろん、脱毛後は色素沈着やカサつきなどのトラブルを起こさないために、きちんとケアする必要があります。そのアフターケアの方法も必見です。

(1)カミソリや電気シェーバーはそれほど力を入れなくてもなめらかに剃ることのできるものを選びましょう。安全ガードがついたものがおすすめです。また、刃は清潔にしておきましょう。

(2)剃るところを温めたタオルなどを当てて温め、皮膚を柔らかくし、毛穴を開かせます。

(3)カミソリや電気シェーバーの刃が当たるところ全体にシェービングローション、フォーム、ジェルなどをぬります。

(3)毛の流れに沿って剃ります。なるべく一回で剃り終えるようにします。何度も同じところを剃るのは、肌にダメージを与えてしまいますので気をつけましょう。できれば皮膚のシワを片方の手で伸ばして剃るとよいです。カミソリの刃でシェービングローションやフォーム、ジェルなどを取るような感じで剃ると上手に剃ることができます。

(4)剃り終わった後は、水で濡らしたタオルなどで冷やしてクールダウンし、できるだけ刺激の少ないボディー用ローションやクリームなどで保湿しましょう。アロマオイル、スクワランオイル、馬油などでも代替可能です。

脱毛時のトラブルへの対処法

もしバストトップのセルフ脱毛でトラブルに見舞われてしまった場合も、万全の対策を取れば、それ以上ひどくならずにすむでしょう。そのためには、早めに手を打っておくことが大事です。ケース別に肌トラブル対処法をご紹介します。

○毛抜きで抜いたら、赤く炎症してしまった!

水で濡らしたタオルなどで冷やしましょう。出血している場合には、化膿しないよう消毒することをおすすめします。

○色素沈着してしまい、黒ずみができてしまった!

色素沈着は肌のターンオーバーを促進すれば薄くなると言われています。低刺激で肌のターンオーバーを促進してくれる石鹸でやさしくこすらず洗い、保湿を欠かさず行うなどの対処があります。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート