5182名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

頭皮ケアの基本はシャンプーから

更新日:2016/12/09 公開日:2013/04/30

ボトルを何回もプッシュして、たくさんのシャンプーを手に取り、髪の毛の上にべっとりと塗り、そこでたくさん泡立てて、頭皮はかゆいところを中心に爪をたてて洗い、熱いお湯で一気に洗い流す……。

このような髪の洗い方を、ほとんど無意識にやっている人は多いかと思います。しかし実は、この爽快に見える髪の洗い方の中には、大きな罠が潜んでいるのです。なぜなら、この洗い方は、頭皮に大きな負担を与えてしまうからです。

傷ついたり弱ったりした頭皮は、髪の毛を支えられなくなるため、薄毛や抜け毛の原因となります。また、髪の毛を美しく保つためには、頭皮の隅々まで栄養が行き渡っている必要があるのですが、頭皮が弱ることでその働きがにぶると、栄養が行き渡らなくなった髪の毛はハリやコシがなくなり、ぱさつきやすくなったり、切れ毛や枝毛の原因になるのです。シャンプーは極力、頭皮に負担をかけない方法で行いましょう。

頭皮に負担をかけるシャンプーとは

では、どんなシャンプーが頭皮に負担をかけるのでしょうか。具体的にみていきましょう。

・シャンプーをたくさんつけて泡立てる。

シャンプーは、泡立てれば汚れが落ちるというものでもありません。市販のシャンプーは洗浄力が強いので、少量のシャンプーでも汚れは十分落ちます。また、シャンプーには界面活性剤が入っています。界面活性剤については賛否両論ありますが、もし、洗い流しきれずに、そのようなものが頭皮に残ってしまうと、頭皮の毛穴を詰まらせる原因となりますので、どちらにせよたくさんシャンプーをつけることは禁物です。

・髪の毛に直接塗る

あくまでシャンプーは、頭皮の脂汚れをとることを目的としています。髪の毛についているのはホコリ程度なので、ブラッシングや水洗いでも十分落ちるのです。ですから、シャンプーは髪ではなく、頭皮にもみこんでいくように洗いましょう。

・爪をたてる

かゆいところに爪をたてると気持ちがいいかもしれませんが、ひょっとして頭皮にかゆみがあるのは、爪をたてて頭皮が弱り、乾燥しやすくなった結果かもしれません。爪をたててゴシゴシ洗うのは我慢をして、指の腹をつかって、マッサージするように洗いましょう。頭皮全体をおおざっぱに洗うのではなく、指を細かく動かして、小さな範囲ごとに少しずつ洗っていけば、かゆいスポットも改善されるでしょう。

熱いお湯で洗う

熱いお湯は、シャンプーを泡立てにくくするので、余分にシャンプーを使いすぎてしまうだけでなく、頭皮への刺激も大きいので、なるべくぬるま湯を使うことを意識しましょう。また、中には渇いた髪の毛にいきなりシャンプーをつける方もいらっしゃるかと思うのですが、まず洗う前はブラッシングをし、ぬるま湯でしっかり頭皮全体が濡れるまで髪を流してから、シャンプーをつけるようにしましょう。

いかがですか?ドキっとしたところはありましたか?正しいシャンプーのやり方を身に付けて、健やかな髪をはぐくんでいきましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート