1525名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

美しく白い手を目指す!手の美白ケア

更新日:2016/12/09 公開日:2013/05/01

顔のお肌の美肌や美白を目指すケアは主流となっていて、さまざまなケア方法があります。その一方で、意識して手の美白ケアを行っている方はどれくらいいるでしょうか?でも、手は顔の次くらいに、見られていたりします。

冬場は手荒れや手のひび割れなどのケアとしてハンドクリームを携帯している方は多いですが、意識をされている方は少ないかもしれません。でも、季節を問わず、露出していることの多い手は、ダメージを受けやすい部分です。冬場の乾燥ももちろんですが、手は季節を問わず浴びる紫外線量も多く、シミやシワなどが現れやすいパーツでもあるのです。年齢が出やすい手こそ、意識してケアを行いましょう。

外出時は日焼け止めなどによるケア、それ以外にはビタミンCやトラネキサム酸誘導体などの美白成分を含むものでのケアがオススメです。そして、冬場は、肌荒れなどの目に見える肌トラブルへの対処も大切ですが、美白ケアを適切に行えば、紫外線によるダメージが少ない分、夏場よりも効果が表れやすいのです。こちらでは、美しく白い手を目指すためのケアをご紹介しています。ぜひ、日ごろのスキンケアに、手の美肌ケアを取り入れてみて下さい。

ハンドクリームや化粧水を使ったケア

手のケアとして、まず挙げられるのがハンドクリームではないでしょうか。そして、美白というからには、美白成分をとにかく補うのが王道!と思われるかもしれませんが、そう単純なものでもありません。美白の最大の敵は紫外線です。よって、紫外線からいかにお肌を守るかがポイントとなるのですが、美白成分を補うのと同じくらい、油分や水分を補うことも重要です。うるおいキメの整った肌では、紫外線や外的刺激を受けた時に、ある程度ブロックして跳ね返す力がありますが、うるおいのない黒ずんで痛んだ肌では、同じ刺激でも、それを肌内部に容易に侵入させてしまいます。ハンドクリームや化粧水には、肌を健康な状態にすることで、紫外線に負けない肌にするという役割もあるのです。

ハンドクリームは、手を洗うたびごとに塗るというのが理想です。洗顔後に必ずケアするのと同じです。また、ビタミンC誘導体などの美白成分が含まれるハンドクリームもあるので、そちらを使ってみるのも良いでしょう。

また、朝晩二回、手にも化粧水をつけてからハンドクリームを塗ることもオススメです。朝晩の洗顔後には顔に化粧水をつけると思いますが、その際、手にも化粧水をつけるようにしましょう。手洗いの度にケアするのは手間ですが、洗顔後や就寝前に、コットンを使って丁寧にケアした後、手袋やラッピングをするだけでも、皮膚が柔らかくなり、その後のハンドクリームの効果も上がります。紫外線を浴びやすい手の甲は、特に念入りにケアしましょう。

ハンドマッサージでのケア

上記のハンドクリームや化粧水を使ったケアを行う前に、ハンドマッサージを行うとさらに高い効果が期待できます。手の先などの末端は血流が滞りやすいですが、ハンドマッサージをすることで血行が改善し、それだけでも肌に透明感がでてくるのが実感できます。そして、マッサージ後にスキンケアを行えば、有効成分が効率よくお肌に浸透し、効果が高まります。

マッサージの方法は簡単で、ハンドクリーム(マッサージオイルでもよい)を手にとって手全体になじませ、爪の根元と左右から、軽く押してマッサージします。爪の表面にもハンドクリームをつけて保湿しましょう。

次に、指先から指の根元に向かって、空いている方の指を使って軽く押さえながら滑らせます。指の上下だけでなく、側面も忘れずに行います。丁寧に一本一本の指で行ったら、親指と人差し指の間の水かきも、乾燥しやすい箇所なので丁寧にマッサージします。

最後に手のひらをげんこつでぐりぐり刺激したらおしまいです。

マッサージでは強くこすりすぎないことと、ハンドクリームを十分につけて行うことがポイントです。肌がワントーン明るくなり、ぽかぽかと温まるのを実感できると思います。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート