1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

運動が美肌に良い理由

更新日:2016/12/09 公開日:2013/06/01

大人になってからもしっかりと運動をする習慣のある人たちを見ると、なんとなくお肌が綺麗な方が多いように思います。果たして、運動をすることと綺麗なお肌を保つことには、何か関係があるのでしょうか?

新陳代謝とターンオーバーの仕組み

人間の細胞は、一定の周期で新しいものに生まれ変わります。これを新陳代謝と呼び、その中でもお肌の細胞が生まれ変わることを、ターンオーバーと呼びます。ターンオーバーは日々のお肌の健康のために、欠かせない機能となっています。

人間誰しもに備わっている機能ですが、日頃からあまり身体を動かす機会がないような方だと、血液が停滞気味になるため、新しい細胞をつくるための栄養が身体のすみずみまで行き渡らなくなります。これにより、お肌のターンオーバーの機能が低下してしまい、ツヤやハリがなくなるだけでなく、古い角質が溜まり、そこから肌トラブルを引き起こすことにもなりかねません。

また、代謝が低下するということは、古いものをからだの外に排出する機能も鈍りますので、身体の中に老廃物が溜まっていきます、それが原因で、シミや吹き出物としてお肌に出るケースもあるのです。

運動で新陳代謝のサイクルを活発化

お肌のターンオーバーは一般的に28日周期と言われていますが、これは20代の健康な女性の場合の話です。小さなこどもはまだ身体のバランスがうまくとれないせいか、よく転び、頻繁に傷をつくるのですが、なぜだかあっという間に傷が治ってしまう印象はありませんか?これは、子どもが大人よりもターンオーバーのサイクルが短いからです。逆に、40代になると、この周期が1ヶ月半かかるといわれています。

このターンオーバーのサイクルをあげて、常にお肌を美しく保つために、運動はとても重要な要素です。運動しているときは交感神経が優位に動くため、血流が促進され、からだの隅々まで栄養が行き渡ります。これにより、ターンオーバーも活発に行われていくのです。

運動でお肌の質をあげる

単にターンオーバーのサイクルが短くなっても、生まれ変わるお肌の質が未熟ではあまり意味がありません。美しいお肌をつくるには、同時に成長ホルモンが必要になってきます。

成長ホルモンが出るのは、よく睡眠時だけだと誤解されがちですが、適度な運動をすることでも分泌されていきます。

毎日忙しい中、激しい運動をする必要はありませんが、日頃運動不足で、お肌の調子が気になっている方は、まずは身体をリラックスさせ、血行をよくさせるストレッチなどから始めてみることがオススメです。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート