1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ひざの角質の原因とケア

更新日:2016/12/09 公開日:2013/06/01

ふと鏡を見て、膝(ひざ)が予想以上にくすんでいたり、乾燥していたりしてビックリすることはありませんか?放っておいても、決してキレイになることはなく、むしろひどくなる一方です。露出が増える季節は人目につきやすいため特に気をつけたい膝の角質。どんなにお洒落な服と靴を身につけていても、膝が角質でくすんでいたら台無しです。ここでは膝にできる角質の特徴や原因と、そのケア方法について解説します。

膝がガサガサしてしまう原因

膝のあたりから汗が出てくるイメージはつきにくいもの。というのも、膝は他のパーツと比べて皮脂腺が少ないため、汗や皮脂がでにくい場所です。それゆえに乾燥しやすく、年中カサカサしているパーツなのです。さらに、床や椅子にひざをつくことで、外部から刺激が加わります。肌はその刺激に負けないようにと、角質を厚くすることで対応します。ちなみに膝だけでなく、周りの皮膚までくすんでしまうのも特徴です。

角質には大切な役割があり、肌の水分量を調整したり、外部の刺激から肌を守ったりしています。それでも、不必要に溜まってしまっている状態は良いとは言えません。放っておくと、ひび割れたお餅のようになる可能性もあるので、きちんとケアをしてあげる必要があります。

膝の角質ケアの方法

硬くなった皮膚にクリームを塗りこんでも、ほとんど浸透しないので意味がありません。まずは角質をオフしてあげることから始めましょう。

湯船に浸かって角質をやわらかくしてから、スクラブ入りの洗浄料で、やさしくマッサージすればOKです。このとき、強くこすると肌を傷つけてしまうので、力を入れすぎないように注意してください。また、やりすぎるとかえって肌が厚くなることもあるので、月に1,2回くらいのペースで長く継続するようにしましょう。

角質をオフしたら次は保湿です。手持ちのクリーム、ローション、オイルをやさしくなじませましょう。皮脂腺が少ないパーツなので、外からしっかりとうるおいを与えてあげることが大切です。硬さが気になる場合は、保湿してからラップで10分フタをするのがおすすめ。しっかりと保湿成分や水分が浸透して、やわらかくなります。

保湿は毎日

膝がキレイであれば、脚全体も美しく見えます。そのためには、必要以上に膝をつかないようにすることはもちろん、定期的な角質ケア、保湿が必須です。ただし、一気に解消しようとして強くこすったりすると、余計に角質が厚くなる場合があるので、少しずつ、気長にケアをしていくことが大切です。角質ケアは月に1,2度、保湿は毎日行って、美しい膝を手に入れてください。

※角質ケアと言えば、もう1つ大事なパーツが”かかと”。かかとの角質ケアについても知りたい方は、「角質ケアで、ガサガサの足をすっきりケア」をご参照ください。

 

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート