1113名のドクターが所属するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

膝の黒ずみの原因とケア方法

更新日:2015/09/10

膝(ひざ)周辺の肌の色がくすんでいて茶色い女性って、実は多いんです。それではどんなに素敵な洋服や靴を身につけていても台無し。けれど、それに気づいていない人がほとんどです。というのも、膝をまじまじと見ることは意識しない限りないので、ついついケアを怠ってしまうためです。ここでは、膝が黒ずんでしまう原因と、黒ずんでしまった膝のケア方法について解説します。

膝が黒ずんでしまう原因

膝に限らず関節は、動かすために皮膚が伸縮するので黒っぽく見えやすい部分。けれど、まっすぐと伸ばしているときでも、肌とは明らかに違う色ならば黒ずみと言えます。肌は紫外線を浴びたり刺激を受けると、メラノサイトが刺激されてメラニン色素をたくさん製造します。これが解消されることなく積み重なってしまうと、色素が沈着して黒ずみになってしまうのです。

そもそも膝は体の中でも比較的皮脂腺が少ないパーツなので、皮脂や汗がほとんど出ません。うるおいが少ないため、刺激に対してかなり弱い部分なのです。そのわりに膝は酷使されやすく、膝をついてしまったり、ぴったりしたジーンズをはいたり脚を組んだりと、膝がこすれる動作を繰り返すことで肌が刺激され、色素沈着を起してしまいます。

膝の黒ずみのケア方法

膝の黒ずみをケアするなら、まず第一に、黒ずみの原因となっている“習慣”を見直しましょう。手厚いケアをしても、クセが治らないと再び黒ずみを作ってしまいます。黒ずみの原因となる習慣とは、必要以上に床に膝をついたり、入浴時にナイロンタオルで体を洗ったり、締め付けすぎるパンツをはいたり…などです。これらのクセを改善するだけでもかなり変わってくるでしょう。

すでに黒ずみになってしまった部分のケアも大切です。皮膚が硬くなればなるほど黒ずみも進んでいきます。まずは膝の皮膚をやわらかくするために、湯船にゆっくりと入ったり、スクラブでやさしくマッサージを。ゴシゴシこすると刺激になってしまうので注意してください。頻繁にやりすぎてもよくないので、月に1~2回程度がおすすめです。また、お風呂から出たら化粧水で保湿し、クリームやオイルなどで水分にフタをしてあげます。

毎日の心がけで黒ずみゼロの膝を

膝の黒ずみを放置していると、毛穴が目立ったり、角栓ができてしまったりと、良くなることはありません。反対に、黒ずみができやすくなるクセを正したり、ケアをするだけで肌のターンオーバーが正常になり、黒ずんだ肌をどんどんとはがしてくれます。難しいことはなく、日々の継続が大切!この機会に、膝の黒ずみケアを始めてみてください。

※膝以外にもお手入れが必要な「かかと」の角質ケア方法について知りたい方は、「角質ケアで、ガサガサの足をすっきりケア」でご紹介しています。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

[PR]

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

スキンケア大学マーク

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

[PR]