2272名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ひじの黒ずみの原因とケア方法

更新日:2016/07/12

自分の目に付きにくいパーツは、ついついケアを怠ってしまうもの。その代表格とも言えるパーツが“肘(ひじ)”なのです。一度、肘やそのまわりの肌をじっくりと見てみましょう。黒ずんだり、ひび割れたりしていませんか?予想以上に美しくないことに気づき、ガッカリする方も多いはず。特に、夏は薄着になるため、放っておくと「だらしのない人」、「清潔感がない人」と思われてしまうことも…。そこで、ここでは肘の黒ずみケアについて解説します。

肘が黒ずんでしまう理由とは

黒ずみの主な原因と考えられているのは“摩擦”、“刺激”、“圧力”です。これらが加わると皮膚が自身を守ろうとして、角質がぶ厚くなります。それを繰り返し、蓄積することで黒ずむのです。さらにその黒ずみは色素沈着を起こし、なかなか落ちなくなってしまいます。

肘は皮脂腺が少ないため、皮脂や水分が極端に少なく乾燥しやすいパーツ。ちょっとした刺激でも、ダメージが大きいのです。しかも肘をついたり、ほおづえをついたりと摩擦、刺激、圧力が加わりやすいため、黒ずみができやすく、それがなかなか落ちません。このように何年にも渡って繰り返されてきた刺激によって、肘は黒ずんでいるということをまずは理解しましょう。

肘の黒ずみケアの方法

上記で挙げたように、肘をつく、ほおづえをつく…といった、普段の何気ない習慣や行動、クセによって、知らず知らずの間に肘に黒ずみを作っている可能性があります。まずはその行動を見直す必要があります。肘をついているのは、数kgもの重さをささえているため、強い圧力がかかっています。他にも、お風呂で体を洗うときにナイロンタオルを使うのも極力控えたほうがいいでしょう。ナイロンタオルはただでさえ刺激が強い上に、強くこすりすぎてしまうこともあります。これらの習慣を断ち切るだけでも、黒ずみの進行はだいぶ抑えられます。

さらに、すでに色素沈着してしまった黒ずみのケアについて。皮膚が硬くなっているほど黒ずみもひどくなります。まずはやわらかくするために、湯船にゆっくりと入りましょう。やわらかくなったら、スクラブでやさしくマッサージ。余分な皮膚がはがれて、次第に色素沈着が気にならなくなります。

ただし、角質ケアは強くやりすぎるとそれが刺激になって色素沈着がひどくなる場合があります。あくまでやさしく、円を描くようにしてください。また、やりすぎると必要な角質まで落としてしまい、かえって角質が厚くなります。月に1~2回程度にとどめましょう。お風呂から出たら手持ちの化粧品で大丈夫なので、しっかりと保湿することもお忘れなく。

黒ずみを作らないために

肘の黒ずみの原因は、肘自体が乾燥しやすいことと、刺激によるダメージを受けやすいこと、角質ケアを怠ることです。日々の何気ない習慣を見直すこと、定期的な角質ケアケアを取り入れて、黒ずみが気にならない美しい肘を手に入れてください。

※角質ケアといえば、もう1つ大事なパーツが”かかと”。自宅でのかかとの角質ケア方法を知りたい方は、「角質ケアで、ガサガサの足をすっきりケア」をご参照ください。

 

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア本

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

スキンケア大学マーク

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート