1396名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

皮脂、汗、メークなどによる夏の毛穴汚れに注意!

更新日:2016/07/27

「夏は暑いから毛穴が開く」と感じている方も多いかもしれません。確かに暑さで毛穴は開きますが、毛穴が目立ってしまう理由はそれだけではないのです。皮脂が多く分泌されるうえに、日焼け止めやメークを塗り重ねる夏は、肌の上が汚れの温床になってしまいがちです。ここでは、そんな夏の肌、特に目立ってしまう毛穴について解説しましょう。

夏になると、毛穴が目立つ理由

温度も湿度も高い夏は、1年で最も皮脂が多く分泌される季節。過剰に皮脂が出ることで毛穴につまり、角栓と呼ばれる汚れの塊ができて、これが毛穴を押し広げます。しかもこの角栓が酸化して、茶~黒っぽい色となり、毛穴が目立ってしまうのです。

他の要因は乾燥や紫外線。夏は湿度が高いため乾燥にはあまり気を向けませんが、エアコンが効いた室内は想像以上に乾燥しています。肌が乾燥すると、水分やコラーゲンが減少します。皮膚がハリのないショボショボの状態になると、毛穴がはっきりと広がってしまうのです。また、加齢によって肌の弾力が失われると、毛穴の周りの皮膚が重力に逆らえずに伸びて大きく目立つようになります。

こんなこと、していませんか?

このように、夏は毛穴トラブルが特に多い時期。普段は問題ないことが、夏には大きな肌ダメージを与えることもあります。毛穴を汚くしてしまう行為を以下に挙げるのでチェックしてみてください。

・日焼け止めを使っているのにクレンジングしない…汗をかく夏は特にウォータープルーフタイプのものや効果の強いものを使うことが多いかと思いますが、そのぶん落ちにくくなっています。専用のリムーバーなどを使って毎日きちんと落としましょう。

・ベースメークが厚すぎる…日焼け止め、化粧下地、リキッドファンデ、固形ファンデ、パウダー…と油分たっぷりのメークをしていると、酸化して皮膚がどんどんと黒くなり、汚れが溜まってしまいます。

・メークを落とさずに寝る…メークを落とさずに寝ると、どんどんと汚れが溜まって毛穴が黒ずみます。またそれ以外にも、酸化した化粧品による刺激や、汚れを温床にして雑菌が繁殖し、肌荒れを引き起こします。

・メーク落としシートを使っている…拭き取りタイプだと、汚れを毛穴の奥に押し込めている可能性があります。成分の刺激も強いため、普段はきちんと洗顔しましょう。

・ゴシゴシこすって洗っている…毛穴の黒ずみは、ゴシゴシこすっても落ちません。それどころか刺激によって硬くなり、ブツブツ感がひどくなることもあります。

・毛穴パックを使っている…毛穴パックの刺激によって皮膚が硬くなり、毛穴の汚れがつまりやすくなります。ダメージを受けると、肌トラブルの原因にもなります。

・基礎化粧品の量を抑えている…ベタつくからと化粧水や乳液の量を控えていませんか?うるおいが足りないと肌は乾燥し、皮脂が余計に分泌されてしまいます。

汚れを落として、蓄積しないように

上記から、皮脂で毛穴がつまりやすい夏は、いつもよりも入念に洗顔と保湿を心がける必要があります。間違ったケアをしたり、日焼け止めやメークをしっかり落とさずにいると、汚れはどんどんと蓄積され、状態が良くなることはありません。まずは今溜まっている汚れを取り除き、次に汚れが溜まらないように注意をしましょう。

今すぐ読みたい[PR]

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

[PR]

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

スキンケア大学マーク

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート