1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

美肌をつくる?「皮膚常在菌」とは

更新日:2016/12/09 公開日:2013/07/19

最近耳にする「皮膚常在菌」。漢字だけ見ると、皮膚の上に常にある菌ということで、すごくイヤ~なイメージがあります。これらの菌はお肌とどのような関係があるのでしょうか?ここではこの「皮膚常在菌」について正しい知識を得ましょう。

肌の上に生息する皮膚常在菌

常在菌とはその名の通り、私たちの体に存在する微生物のことです。常在菌は全身に生息していますが、その中で肌の上に生息しているものを皮膚常在菌と呼びます。

具体的には、表皮ブドウ球菌、アクネ菌、マラセチア菌、黄色ブドウ球菌などがあげられますが、それらの菌はおよそ1兆個生息していると言われ、私たちの肌の上にある皮脂や汗をエサに生息しています。

皮膚常在菌の働き

よく誤解されがちですが、常在菌は通常害を持たず、安定して生息することで、病原性微生物の繁殖を抑えるような役割を持っているのです。しかし、何らかの原因でバランスが崩れたときに、トラブルの原因となることがあるのです。

たとえば、ニキビの代名詞とも言われるアクネ菌ですが、実はアクネ菌は、肌のどこにでも存在する常在菌なのです。ストレスやホルモンバランスの乱れなどで皮脂が過剰に分泌されて毛穴を塞がるようなことがあると、その中でアクネ菌が増えて、ニキビができてしまうのです。

美肌のために、皮膚常在菌とうまく付き合う

肌の上に菌がいると聞くと、わたしたちはギョッとしてしまいがちですが、皮膚常在菌が安定して生息していることは、美しい肌づくりにもつながるのです。

肌が受けるカビや花粉といった外部からの刺激や、病原体のようなものも、ちょっとしたものであれば皮膚常在菌が守ってくれますので、トラブルの無い強い肌をつくることができるのです。

不潔にすると皮膚常在菌が増えて肌トラブルの原因になりますが、だからといって、肌を過剰に洗いすぎると、今度は皮膚常在菌を殺すことにもなりかねません。洗い過ぎず与えすぎずの適切なケアを意識して、美肌をつくる皮膚常在菌と上手に付き合いましょう

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート