3070名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

肝臓が弱ると皮脂が出る?皮脂コントロールと生活習慣

更新日:2016/12/09

この記事の監修ドクター

赤須医院 院長  赤須玲子先生

皮脂トラブルにはさまざまなケア方法がありますが、いくら皮膚表面のスキンケアをしても、皮脂の分泌をおさえる対策を取らなければ、状況が好転することはあまり期待できません。そこで、今回は生活習慣から行う皮脂コントロールの方法について見てみましょう。

注意!皮脂の過剰分泌を起こす悪い生活習慣

生活の中には、皮脂の過剰分泌を引き起こす、非常に多くの要因が潜んでいます。例えば、運動不足からくる脂肪代謝不足や、暴飲暴食などの肝臓へ負担をかける行いです。皮脂分泌を過剰にさせる脂肪や油分の多い食事の大量摂取はもとより、胃腸消化不良、ホルモンバランスの異常、睡眠不足、タバコの吸い過ぎ、お酒の飲み過ぎ、不規則な生活など、すべて皮脂の過剰分泌の原因となっているのです。一つでも心当たりのある人は、その生活習慣を改善しましょう。

肝臓に負担をかける行いがなぜよくないかというと、肝臓は口から摂取した食べ物を処理する要の臓器だからです。食事から摂った栄養分は、胃や腸といった消化器官で消化された後、肝臓に送られて代謝されることで、体内で使えるようになります。つまり暴飲暴食やお酒の飲み過ぎなどで肝臓が疲れて働きが弱ってしまうと、脂肪の代謝も悪くなってしまうのです。

また肝臓は、皮脂の分泌を高める黄体ホルモンの処理にも関わっています。肝臓が弱ると、黄体ホルモンが増え、皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

皮脂コントロールに良い生活習慣とは?

では、皮脂の分泌量をコントロールするには、どのような生活習慣を心がければよいのでしょうか。いくつかピックアップしてみましょう。

・適度に運動をする

・タバコを吸い過ぎない

・お酒を飲み過ぎない

・食事では、甘いものや油っぽいもの・刺激物などの取り過ぎに気をつける

・肝臓に負担をかける暴飲暴食などはしない

・睡眠を十分に取る

・毎晩決まった時間に早めに寝て、朝は決まった時間に早く起きるなど、規則正しい生活を心がける

・過労やストレスを避ける

一度ついてしまった生活習慣を一気に変えるのは難しいかもしれませんが、少しずつ改善していくことができるものばかりかと思います。皮脂コントロールのためにも、ぜひこれらを目安に、自分の生活習慣を見直してみましょう。

 

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート