2272名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

顔色アップだけじゃない!顔そりはしつこいニキビにも効果あり?

更新日:2016/07/12

大人ニキビや肌のくすみでお悩みの方は多くいらっしゃいますが、スキンケアの一環として「顔そり」を行っている方はそう多くはないように思います。女性の約半数が、鼻の下のうぶ毛(ヒゲ)を定期的に処理しているというデータもあり、女性の顔そりの目的としては最も多いと思われますが、今、にわかに美肌のための顔そりが注目されています。

顔そりがニキビ予防になる!?

カミソリを使った処理は肌を痛め負担をかけるのではないかと懸念されている方も多いようですが、正しい方法で行えば、透明感のある美肌作りにも効果があります。

顔にうぶ毛が生えていると、メークのりが悪かったり、うぶ毛の色のせいでくすんで見えてしまいます。うぶ毛は細く、普段はほとんど意識しませんが、髪の毛などと同じように黒みを帯びているもの。ですから、うぶ毛を定期的に処理してあげるだけでも、肌の見た目の明るさが変わります。

また、基礎化粧品によるスキンケアの効果も上がります。うぶ毛で覆われた肌に化粧品をつけても、うぶ毛が邪魔して思うように入っていきません。うぶ毛を取り除くことによって、肌への吸着力が上がるのです。

さらには、顔そりはニキビに悩む方に特におすすめです。余分な皮脂や汚れは、うぶ毛に絡まりやすくなります。するとうぶ毛に絡まった汚れが毛穴を詰まらせ、ニキビを発生させてしまいます。ですから、ニキビ予防に顔そりは有効な手段と言えるのです。炎症が激しいときには傷つけてしまう可能性があるためおすすめしませんが、生理後にニキビが落ち着いたときなど定期的に顔そりを行うことを、ニキビ予防におすすめします。

こちらでは、正しい顔そりのやり方や注意点をご紹介しています。肌のくすみやニキビにお悩みの方は、顔そりというケアを始めてみてはいかがでしょうか。

正しい顔そりのやり方

ニキビを改善するなど、美肌のためのケアを主目的として顔そりをする場合の正しい方法をご紹介します。単なるムダ毛処理で終わらない、肌に優しい方法ですから、ぜひご参考にしてみて下さい。

1.顔全体にクリームをたっぷりのせます。

2.毛の流れと逆方向に皮膚を引っ張りながら、毛の流れに沿って剃っていきます。同じところを何度も剃るのはNG。肌を痛めるため1度で済ませましょう。額のてっぺんから始めて最後は顎へ、上から下へと進めていくのがポイントです。

3.濡れタオルで優しく拭くか、水で洗い流します。

4.化粧水、乳液…と、時間をおかずに洗顔後と同様のケアをします。特に保湿をしっかりおこないます。

顔そりの注意点

顔そりのすごいところは、顔そり後すぐに、肌がつるっとして透明感が実感できるところです。それゆえ、ついつい頻繁に顔そりをしたくなってしまうかもしれませんが、顔そりは基本的に多くとも2~3週間に1度くらいの頻度に留めましょう。頻繁におこなうと、肌を傷つけるリスクが高まります。

また、使用する剃刀は清潔なものを使用します。さびたり不衛生になるため、浴室に置いておくことは避けましょう。顔そり用のものを使用すれば、薄刃で安全面にも配慮がなされ、使いやすいと思います。

また、肌の不安定な生理中や紫外線の影響を受けやすい外出直前、肌トラブルが顕著な場合の顔そりは、肌を傷つけたり角質まで削いでしまう可能性があるので、避けた方が無難です。生理後、肌のコンディションが良いときをおすすめします。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア本

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

スキンケア大学マーク

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート