1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

スキンケアは肌質を知ることから始まる

更新日:2017/03/22 公開日:2013/08/26

いざスキンケアを始めよう!と思っても「一体、どうすればいいのだろう?」という男性は多いと思います。とりあえず、洗顔料とか化粧水を買ってきて塗れば、スキンケアになるはず…なんて方は、スキンケアをする前に何をする必要があるのかをしっかりチェックしましょう!

スキンケアの役割とは?

スキンケア製品には洗顔料や化粧水、美容液、乳液、クリームなどがあり、それぞれには役割があります。

  • 洗顔料やクレンジング料:メイクなどの汚れを落とします
  • 化粧水:肌を保湿させる効果があります
  • 美容液:気になる肌トラブルに対して有効成分を補います
  • 乳液:保湿をしつつ、油分を補います
  • クリーム:肌に必要な油分を補いながら、有効成分を肌に閉じ込める働きをします。

スキンケアアイテムの選び方は?

スキンケアをするうえで、まず大切なのは「自分の肌を知ること」です。なぜなら、スキンケアは肌質に合せてケア方法が変わってくるからです。肌質に合わないケアをしてしまうと、それが肌への負担となってしまったり、化粧品で刺激を感じてしまったりする可能性があります。

アイテムを変えてみるタイミングは?

スキンケアをしても一向に肌の状態が改善されない方や化粧品が合わないという方は、まさに自分の肌に合わないケアをしていると言えます。テレビの宣伝でみる男性用の化粧品やお店で並んでいる化粧品は「どれを使ってもOK!」というわけではありません。自分の肌を見極めて、どのようなスキンケアや化粧品が必要なのかを選ぶことが第一歩です。

肌質にはどのようなタイプがある?カンタン診断方法

では、肌質にはどのようなタイプがあるのか?厳密に言えば、人それぞれ特徴はあるのですが、一般的に肌質は4つのタイプに分けられます。簡単に肌質を知る方法は、洗顔をしてから化粧水などをつけずに放って様子を見るやり方です。洗顔後、肌のつっぱり感が落ち着くまでの時間や状態によって肌質を見きわめます。

脂性肌は「20分以内に落ち着く」

全体的に顔が脂性で、おでこや鼻の部分は特にテカリやすい肌の方。皮脂が過剰に分泌されていて、ニキビなどの肌トラブルを招きます。ギトギト肌やオイリー肌とも呼ばれます。

乾燥肌は「40分以上は必要」

肌の水分量が少なく、肌がカサカサしたり、お風呂あがりに粉をふいたり、肌のうるおいがない状態。皮脂の分泌量が少ない、肌の水分が蒸発しやすいという特徴があり、外部からの菌や刺激に弱い状態です。

混合肌は「顔の部分によって時間が変わる」

乾燥していたり、脂性だったり、顔の部分によって肌質が違うというタイプ。おでこと鼻のTゾーンは脂性だけど頬は乾燥しがちな方や季節によって肌質が変わるなど、実は日本人に一番多い肌質といわれています。

普通肌は「30分程度で落ち着く」

ノーマル肌とも呼ばれるこの肌質は、肌質の中でも一番理想的なタイプ。脂分と水分のバランスもよく、肌トラブルの少ない肌ですが、生活習慣の乱れや保湿などの基本的なスキンケアを怠ると、肌の乾燥をまねいてしまうことも。

よく見かける「敏感肌」とは?

敏感肌は、どのような肌タイプにも現れる可能性を持った「症状」です。化粧品や衣類、花粉などのアレルゲンにより、肌に刺激を感じたり、炎症を起こしてしまったり、生活環境や精神的な部分も原因として関わってきます。特に乾燥肌は肌への刺激を感じやすい状態なので、敏感肌になりやすいと言えます。

正しいスキンケアの順番は?

正しいスキンケアの順番は下記の通りです。

  1. 化粧水:洗顔後、すぐに化粧水を使います
  2. 美容液:肌のトラブルが気になる方は、美容液を使います
  3. 乳液:肌の油分が足りていないか方は、乳液も使うようにします
  4. クリーム:化粧水や美容液などの有効成分を閉じ込めるためにクリームを使います

肌老化とは?

肌老化とは年齢による加齢老化などを原因に、肌のターンオーバーが低下したり、保湿力が落ちることです。その結果、肌の機能が低下します。なお、肌には「表皮」と「真皮」があり、それぞれの役割は下記の通りです。

  • 表皮:肌のバリア機能と保湿機能という役割を担っています
  • 真皮:皮膚の弾力を保つ役割を担っています

肌老化の原因について

肌老化には5つの原因があると考えられています。それが「紫外線による光老化」「皮膚の乾燥」「皮膚の菲薄化(ひはくか)」「活性酸素による細胞の酸化」「糖化」です。

肌老化を防止する

肌老化には日々のスキンケアや環境、食事がかかわっています。スキンケアに関しては、ここで紹介した正しい手順などを学んでケアをするといいでしょう。

間違ったケアは、肌を悪化させてしまう

自分の肌質がわかれば、どのようなスキンケアが必要なのかがわかります。たくさん売られている化粧品には、どのような肌質に向けたものなのか、どのような肌質には向いていないのか、選ぶポイントがあります。

そこでしっかりと自分に合った化粧品を選んで、スキンケア方法を行わないと、せっかくのスキンケアも効果が出なかったり、むしろ肌トラブルを招いてしまいます。男性の皆さんは、このポイントをしっかり押さえて、スキンケアを始めていきましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート