5223名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

鼻のニキビができる原因

更新日:2016/12/09

鼻や鼻の脇にできるニキビに悩まされていませんか? 鼻は皮脂量が多く、毛穴の奥が深いことから、特に皮脂が溜まりやすい場所。よって、ニキビができやすいところなのです。では、この鼻のニキビができるメカニズムと原因を詳しく見てみましょう。

鼻ニキビができるメカニズム

もともと鼻は、他の顔の部分と比べて、皮脂量が多い場所です。さらに、鼻の毛穴は奥が深いことから、皮脂が毛穴に溜まりやすい場所ともいえるのです。そんな鼻に対して、細菌のついた手で触ったり、紫外線の刺激を受けたり、油分の多いファンデーションを使用したりすると、お肌のターンオーバーの周期が乱れ、古い角質がはがれずに肌表面に厚く溜まってしまいます。もともと鼻は皮脂の分泌量が多いところなので、尚更、毛穴が詰まりやすくなりがちで、ニキビもできやすいといえるのです。
ニキビには、白ニキビや、赤ニキビ、黒ニキビ、黃ニキビなどがあります。
ニキビの原因であるアクネ菌は、皮脂を好みます。アクネ菌が増殖すると、ニキビの初期段階に当たる白ニキビや黒ニキビが悪化し、ぷっくりと赤く晴れ上がった痛みを伴う赤ニキビは、膿を持った黄ニキビに発展してしまいます。

皮脂が過剰分泌される原因は?

鼻は皮脂の分泌が多い場所ですが、皮脂が過剰分泌されるのには、やはり何らかの原因があります。思春期の頃にTゾーンや鼻の皮脂量の分泌が増えるのは、新陳代謝や成長ホルモンの影響が大きいといわれています。一方、大人のお肌で皮脂量の分泌が増えるのは、ホルモンバランスの乱れによるところが大きいといわれています。特に皮脂腺の多い鼻は、皮脂が過剰分泌された場合、真っ先に影響が出やすい場所です。
鼻のニキビの根本原因である、この皮脂の過剰分泌に対して対策を取れば、鼻ニキビはできにくくなるといえるでしょう。大人であれば、ホルモンバランスを正常化させて整えることが、解決策となりそうです。特に、睡眠不足になるとホルモンバランスが崩れやすいといわれています。まずは睡眠をたっぷりとるなど、生活習慣の見直しから始める必要があります。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

スキンケア講座

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート