スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ほうれい線が気になる方のための美容液の選び方

更新日:2016/12/09 公開日:2013/10/17

ほうれい線の主な原因は、
(1)表情筋の衰えによるお肌のたるみ
(2)加齢や紫外線によるコラーゲンの減少
(3)乾燥です。(1)の表情筋の衰えを美容液で改善することは難しいのですが、(2)コラーゲンの減少や(3)の乾燥には美容液によるケアは効果的です。そこで、ほうれい線に効果的な美容液と、その選ぶポイントをご紹介します。

ほうれい線には保湿を

クリニックにおいては、深くなったほうれい線にヒアルロン酸注入の治療を行っています。そしてほうれい線の予防や注入治療後のケアとして、お肌を乾燥させないようにしたり、コラーゲンを増やす目的で、スキンケア治療を行います。
ほうれい線には乾燥が大敵。しっかりと保湿してあげる必要があります。そこで、美容液は保湿力のあるものが有効だといえます。

では、自宅で使う美容液を選ぶ場合、ヒアルロン酸やコラーゲン入りのものを選べばよいのでしょうか。

ほうれい線ケア!市販の美容液の選び方

ほうれい線対策として、自宅で使う美容液を選ぶ場合、単純にヒアルロン酸やコラーゲン入りのものを選んでしまうと、思うような効果が得られないことが多いようです。
実は、ヒアルロン酸やコラーゲンの配合されている美容液を、直接お肌に塗っても、皮膚から吸収されて補給されるわけではないからです。例えばコラーゲンは分子が大きすぎて、そもそもお肌に浸透しにくいものなのです。お肌に本来備わるヒアルロン酸やコラーゲンは、お肌の内側にあるものなので、表面だけに塗ってもお肌の奥にまで行き届かないのです。

このことから、ほうれい線対策になる保湿力のある美容液として、単純にヒアルロン酸やコラーゲン配合というだけでは、効果が期待できないことが分かります。
すると、お肌に本来備わるヒアルロン酸やコラーゲンを活性化させて、産出を助けるために、細胞分裂を促進させるような働きのある成分が入っている美容液に着目することができます。実際、線維芽細胞を増やす成分によって、お肌の内部からヒアルロン酸やコラーゲンが産出されるようにするという美容液もあります。

ほうれい線ケアを確実に行うためには、ヒアルロン酸やコラーゲン配合ということにとらわれず、お肌本来の機能を回復させる美容液を選ぶことが一つのポイントといえるでしょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー