3468名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

大人ニキビの皮膚科での治療

更新日:2016/12/09

大人ニキビができた時に自分でできる改善法もありますが、腫れ上がったり、治りが遅い、長引いているといったことありませんか?それは大人ニキビが深刻化しているのかもしれません。
大人ニキビが悪化すると、内部が化膿し、跡が残ったりシミができる場合もあります。そうなる前に、ちょっとひどいな、長引いているなと思ったら皮膚科医の先生にきちんと見てもらうことが必要です。

でも皮膚科に行く機会がなかなかないという方も少なくないのではないでしょうか?かかりつけの皮膚科がなければ、まずは調べてみましょう!もちろん、自宅や勤務先に近いエリアや病院の雰囲気なども大切ですが、数ある治療法の中から、自分にあった治療法が受けられる皮膚科を選ぶことが重要です。今回は皮膚科選びに必要な治療法についてご紹介します。

ちゃんと知りたい!治療と処方薬

次に、病院選びに必要な治療法、処方されるお薬についてお話したいと思います。まず保険適応の治療で主に行われるのが薬物療法。ニキビ治療では軽症の場合、外用薬(塗り薬)が処方されますが、症状によって抗生剤、ホルモン剤の飲み薬が処方されることも。そして治りにくい大人ニキビには、ビタミンB群の飲み薬や塗り薬、漢方薬の飲み薬が処方されることもあります。

また保険適応外のものだと、古い皮膚をはがし、新しい皮膚への再生を促すケミカルピーリングやイオン導入、光線治療などの施術もあります。これらの治療の中から問診やカウンセリングで確認した症状や期間、そして肌質を確認して、あなたの肌にあった治療法を提案してくれるのです。もちろんここで治療の内容も説明してくれるので、疑問点はしっかりと確認しましょう。

保険適応!「漢方薬」が大人ニキビに効く

前章で少しお話しましたが、大人ニキビ治療として皮膚科で「漢方薬」を処方することが多くなっています。なぜなら漢方薬は体質や症状、体調に合わせて処方するので、自分にしっかり効く効果が期待でき、肌の乾燥・睡眠不足など原因が人それぞれである大人ニキビにとって最適なのです。そして体の代謝・自律神経・ホルモンバランスを整え、自分の体にある自然癒治力を高めながら大人ニキビを治療するため、他の体の不調にも効くのです。

そんな嬉しい効果が沢山ある漢方薬は、もちろん保険適応。ただし保険が適応されるのは皮膚科で処方された漢方薬だけなので要注意です。漢方薬の処方を希望する方は、事前に漢方薬の処方がしてもらえる皮膚科かを確認することが必要ですね。漢方薬で根本の原因から大人ニキビを治すのも、肌美人への近道かもしれません。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート