1629名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

慢性的な唇の荒れ、乾燥の原因と対処法

更新日:2016/06/27

慢性的に乾燥し、唇が荒れてしまう原因

皮脂腺がなく、乾燥しがちで荒れやすい唇。しかし、一時的なケア不足で荒れたのではなく、常に唇の荒れに悩まされているようであれば、以下のような深刻な原因が潜んでいる場合があります。

※唇の荒れの基本的なケア方法は『唇の荒れ、乾燥のケア方法』『簡単で即効性あり!正しい唇パックの方法』をご覧ください。

接触性皮膚炎

リップクリームや口紅、歯磨き粉、歯科治療で使われた充填物、そして唾液などは、唇や口周りの接触性皮膚炎の原因になりえます。

アトピー性の口唇炎

夏でも唇が荒れ、唇や口の周りにに色素沈着(シミ)が見られる場合は、アトピー性の口唇炎の可能性があります。

食生活の乱れによる栄養不足

角質層が薄く、皮脂腺がほとんどない唇は、皮膚の中でも特に栄養不足による肌荒れがダイレクトに現れてしまいます。普段から外食やコンビニ食が多い、口内炎やニキビなどの肌荒れを併発している場合は注意が必要です。

皮膚炎・アレルギーによる唇の荒れへの対処法

市販のリップクリームがアレルギーや皮膚炎の原因物質になっている可能性があるため、使用を停止し、純度の高い精製ワセリンなどの刺激のないものを使用することをお勧めします。

それでも症状が治まらない場合や、唇の状態が異常と感じられる場合は、医師に相談するようにしましょう。

唇の荒れに効果的な栄養素と食材

バランスよく栄養を摂取することは、唇に限らず、お肌や体の健康を保つために必要なこと。特に、健康な肌や髪をつくり、粘膜を保護する作用のあるビタミンB2の不足は、唇の荒れにつながりやすいと言われています。

ビタミンB2は、レバー、うなぎ、納豆、たまごのような食品に多く含まれます。足りないと感じられる方は、意識して摂取してみてください。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

[PR]

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア本

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

スキンケア大学マーク

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート