1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook
メイク講師・小野寺舞先生のメイクアップ講座

敏感肌のメイク術(5)ファンデーションの使い方

更新日:2016/12/09 公開日:2014/01/31

前回の記事でご紹介した通り、敏感肌の方には、基本的にパウダーファンデーションか、ミネラルファンデーションがおすすめです。

敏感肌は、ブラシやスポンジの選び方に注意!

ファンデーションを塗る場合は、ブラシまたはスポンジを使用します。

パウダーファンデーションを塗る場合は、ブラシやスポンジの使用により、どうしても多少の摩擦はおこりますので、敏感肌の方は、スポンジやブラシの選び方に注意して下さい。

スポンジを使うとパウダーがしっかりとついて、カバー力がアップします。

ブラシの場合は、仕上がりは、スポンジよりも薄付きにはなりますが、細かい部分まで塗りやすく、塗りすぎることが少ない点がお勧めです。

肌触りのよいブラシを選びましょう

ブラシを選ぶ時は必ず毛を触って感触を確かめ無ければいけません。

毛質が固いものは、肌への刺激が強くなってしまいます。多少値段が高くとも、質が良く、肌触りがよいものを選びましょう。

敏感肌の方でなくても、固いブラシは痛いと感じてしまうぐらいなので、極力柔らかいブラシを選んで下さい。

ブラシはこまめに洗って清潔に

スポンジほどではないですが、ブラシも不潔になって雑菌が繁殖するのを防ぐため、こまめに洗ってしっかり干しましょう。

洗わずに放置していると雑菌が繁殖し、顔に雑菌を塗り広げてしまうので、肌荒れの原因になります。こまめに洗って、しっかりと乾かしましょう。生乾きも雑菌が繁殖しますので注意が必要です。

リキッドファンデーションは「のばす/塗る」のではなく「叩き込む」のが正解

リキッドを使う場合は、まず額、頬、鼻筋、顎にのせ、中心から外に向かってのばします。

ですが、敏感肌の方は「のばす」のはNG。

「叩き込む」のがベストです。摩擦を極力控えましょう。

指でファンデーションをのせた後、スポンジを使ってポンポンと叩き込みながら中心から外側に向かってスポンジを動かします。

普段手だけでファンデーションを塗る方はスポンジを使うだけで仕上がりが格段に違うことが実感できるかと思います。

使用するスポンジにも注意しましょう

ブラシ同様、スポンジは必ず清潔なものを使いましょう。

私は、毎日新しいものを使います。使ったスポンジは毎日洗って乾かし、ローテーションするか、何個かたまったらまとめて洗うようにしています。

パウダーファンデーションの場合、付属のスポンジを洗わずに使い続けている方はとても多いですよね。しかし、このようなスポンジは、雑菌だらけです!

お肌のバリア機能が低下している敏感肌の場合、できればスポンジをたくさん購入しておき、毎回スポンジを替えていただきたいです。

スポンジは使ったら洗い、タオルなどで水気を取り、よく乾かして下さいね。生乾きの状態でケースに入れてしまうと雑菌が繁殖し、その雑菌を顔に塗ることになってしまします。

※こちらの記事はメイクアップアーティスト/メイク講師の小野寺舞先生にご執筆いただき、ドクターの監修を経て制作をいたしました。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート