便秘に効く背中のツボ

更新日:2016/12/09 公開日:2014/02/27

便秘を解消する身体のツボ

便秘改善・解消のための対策として、東洋医学ではツボを刺激することも効果的だと言われています。ここでは、便秘に効く背中のツボについて、その場所や指圧の仕方をドクター監修の記事で詳しく解説します。

背中のツボは押しづらいですが効果は大

ツボは全身のさまざまな部分に存在しており、その数は300以上にものぼります。その中には、便秘に効果的なツボもたくさんあります。

足や手と比べると、どうしても背中のツボは自分では位置の確認がしづらいですし、指圧することも難しくなります。

ですが、距離的に胃腸に近いということもあり、高い効果が期待できます。

便秘に効く背中のツボ

背中にあるツボのうち、便秘に効果があると言われるツボには以下のようなものがあります。

便秘に効く背中のツボ(1)便秘点(べんぴてん)

便秘点(べんぴてん)は背中の左右に1か所ずつあるツボです。肋骨のいちばん下の骨から指2本分ほど下がり、さらに背骨から外側に4本分ほど離れた部分が便秘点です。

このツボは、その名にあるとおり便秘への大きな効果が期待できるツボです。便秘に悩んでいる場合にはまず最初に試してみる価値のあるツボだと言えるでしょう。また、腰痛への効果もあります。

自分で刺激する際には、ウエストのくびれに両手を置いた状態で、それぞれの親指をツボに押し当てるようにすると指圧がしやすいでしょう。そのままの体勢ではあまり力が入らないかもしれませんが、腰を左右に何度かひねれば、自然と親指に力が入ってツボに刺激が伝わります。

便秘に効く背中のツボ(2)大腸兪

大腸兪(だいちょうゆ)は、背中の腰付近にあるツボで、こちらも左右1か所ずつ存在しています。ベルトラインに沿って、背骨から指2本分外側に離れたところが大腸兪です。

ツボの名前は「大腸を治す場所」という意味で、大腸機能に関するトラブルに効果があります。便秘や下痢以外にも腰痛や座骨神経痛の解消にも期待できます。

刺激の仕方としては、握り拳を大腸兪に添えた状態で仰向けに寝るとよいでしょう。膝を立てて左右にゆっくりと動かすようにすると、両方の拳に順番に体重がかかりますので、2か所の大腸兪が均等に刺激されます。

誰かに頼む場合であれば、便秘点と大腸兪を一連の流れの中で揉みほぐすこともできるでしょう。両方とも効果の大きいツボですから相乗効果を狙って丁寧に指圧してもらいたいところです。

便秘に効く背中のツボの押し方

背中のツボを正確に刺激するためには、誰かに協力してもらうのが一番ですが、そうもいかない場合も多いでしょう。

自力で押さなければならない場合には、以下のような方法だと効果的にツボを押すことができます。

  • 握り拳をつくって大まかな場所に押し当てたり動かす:押したときに「イタ気持ちいい」場所があれば、そこがツボである可能性が高いです。
  • マッサージ機を利用する:手で持って刺激するタイプから、背中の下に置き、その上に寝転がってマッサージするタイプ、電動式など、色々なマッサージ機がありますので、やりやすいものを探してみてはいかがでしょうか。

家具や柱などの角に押しつけるという方法もありますが、押せるツボの場所が限られますし、刺激が強くなりすぎてしまう危険性が出てきます。できるかぎり手やマッサージ機を使って押すようにしましょう。