3071名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook
メイク講師・小野寺舞先生のメイクアップ講座

脂性肌のメイク術(5) ファンデーションの使い方

更新日:2016/12/09

脂性肌

ファンデーションの選び方』の記事ではパウダリーファンデーションをオススメしましたが、今回は脂性肌(オイリー肌)が美しくメイクを仕上げるためのファンデーションの使い方を説明します。

清潔なスポンジでファンデーションを伸ばしましょう

パウダリーファンデーションはコンパクト型になっていて付属のスポンジがついているものが多いですが、付属のスポンジを繰り返し使うのはNGです。毎回同じスポンジを使うとスポンジにファンデーションや油分が付着し、ファンデーションが上手くつけられなくなる上、雑菌が繁殖してしまいます。

お手頃価格でたくさん量が入っているものもありますので、こういったものを購入し使い捨てにするか、1回使ったら洗ってローテーションするようにしましょう。スポンジを毎日変えるということは、衛生面とファンデーションをキレイにつけるために大切なポイントです。

ブラシを使ってもOK

ブラシを使用するのも良いですが、最初から筆を使用するとブラシのすべりが悪く跡がついてしまうことがあります。

ブラシを使う場合も最初はスポンジで軽くファンデーションをのせた後、筆を使って首との境目や細かい部分を馴染ませましょう。仕上げに筆を使用すると余計なファンデーションを落とすことができ、より自然な仕上がりとなります。

ブラシを使う場合は、お肌を摩擦しないよう少々高くても肌触りが良く柔らかいものを選びましょう。またスポンジと同じく、こまめに洗うようにしてください。

中心から外側に向かって伸ばす

中心から外側に向かってスポンジやブラシを使い、ファンデーションを伸ばします。

オイリー肌

スポンジを使う際は力を入れず、スーッとスライドさせるような感じでストロークし、摩擦で肌に負担を掛けないように気をつけましょう。

パウダリーファンデーションは油分を吸収しますが、だからといって量を多くつけすぎてしまうと白浮きして首との境目が目立ってしまったり、皮脂が分泌した際にヨレがひどくなりますので注意が必要です。

コンシーラーの使い方

コンシーラーを使用したい場合、普通はファンデーションの前に行いますが、パウダータイプのコンシーラーであればファンデーション後で大丈夫です。

皮脂の分泌が多い脂性肌は油分の多いスティックタイプのコンシーラーではなく、パウダータイプがオススメです。小さい専用の筆でのせましょう。

コンシーラーほどカバー力が無くても良いのであれば、気になる部分に小さい筆もしくはチップでパウダーファンデーションをとり、重ね付けをすることで自然にカバーすることができます。

※こちらの記事はメイクアップアーティスト/メイク講師の小野寺舞先生にご執筆いただき、ドクターの監修を経て制作をいたしました。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート