野菜は食べれば食べるほど痩せるって本当?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/04/11

野菜・野菜スープ・味噌汁

ダイエッターの強い味方と言えば、野菜。「野菜を食べてはいけません!」なんて書いているダイエット本やサイトは存在しないのではないかというほど、野菜はダイエットに最適というのはもはや常識です。では野菜でダイエットする効果的な方法とは、一体どんな方法なのでしょうか?ドクター監修のもと野菜ダイエットの方法を解説します。

野菜

野菜ダイエットとは?

野菜ダイエットには色々あります。例えば、食前にサラダを食べる食前サラダダイエット。煮てカサの減った野菜をたっぷり摂ることで満腹感を得ると共に身体の調子を整える煮込み野菜ダイエットなどです。また、新鮮な生野菜の酵素を摂るのを目的として野菜を食べることもあります。

野菜ダイエットのやり方

ダイエットに上手く野菜を取り入れましょう。食前に食べればそれだけ満腹中枢が刺激されるので食べ過ぎを防げますし、煮込み野菜を食べることでローカロリーでもお腹がいっぱいになり、脂質の摂りすぎも同時に防ぐ効果が期待できます。

生野菜の酵素を摂るというダイエット方法ですが、酵素という言葉はあやふやです。体内に存在する酵素の1つとして消化酵素があります。ですが、生野菜を食べたから消化酵素が増加するという話は医学的には証明されていません。また、仮に消化酵素の分泌量が増えても痩せるわけではありません。

野菜ダイエットのメカニズム

空腹感を満たすことやローカロリーで満腹感を得るという他に、各種ビタミン、食物繊維を多く摂取することでダイエット中の体調不良、便秘、肌のカサつきを軽くすることが期待できます。

野菜ダイエットの注意点

野菜さえ食べていればダイエットできる、というのは間違いです。野菜だけの生活では生きていくのに必要な3大栄養素のうち、タンパク質が決定的に不足します。

タンパク質の不足した食生活では、仮に体重が減ったとしても身体の筋肉量も減少し、基礎代謝の落ちた痩せにくい身体が出来上がってしまいます。この痩せにくい身体はリバウンドもしやすく、またリバウンド後の再ダイエットも難しくしてしまいます。

ダイエット後のことを考えると、野菜だけではなくタンパク質も適切に摂取することが望ましいです。

今すぐ読みたい

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!