脂肪燃焼系ダイエット成分「EPA」

更新日:2016/12/09

脂肪燃焼系サプリメント成分

EPA(エイコサペンタエン酸)はDHA(ドコサヘキサエン酸)と同じような作用を持つ、多価不飽和脂肪酸です。 悪玉コレステロールや中性脂肪を下げる働きがあるなど、大変健康によい栄養素です。 もちろん脂肪を燃焼させる効果もあります。ここでは、ドクター監修の記事で、EPAの働きや効果について解説します。

EPA

万能の栄養素

EPAは、どれを先に書くべきか迷うくらいに健康によい効果をもっています。

動脈硬化、花粉症やアトピーの改善、悪玉コレステロールと中性脂肪の減少、美肌、がんの予防、それにダイエットと、多岐にわたる作用を持っています。EPAは魚に多く含まれていて、日常的に魚を食べる人は不足することがないといわれています。

この成分が注目されたきっかけも、魚やアザラシなどのEPAをたくさん含む食物をとっているイヌイットの健康状態に注目が集まったからでした。イヌイットは脂肪摂取量が多いにもかかわらず、血栓症や心臓病がとても少なかったのです。

以来、さまざまな研究が進み、健康へのたくさんの有効性が確認されました。EPAは必須脂肪酸で、生きるためには欠かすことができない栄養素ですが、人間の体内ではつくることができないため、食事で補給する必要があるのです。

ダイエット効果

脂肪を燃焼させるためには褐色脂肪細胞が必要です。運動によって褐色脂肪細胞が活性化しリパーゼという酵素が生成され、最終的に細胞内のミトコンドリアの中で燃焼されます。

こうして、人の体内で、活動するためのエネルギーが作られているのです。EPAは、この脂肪燃焼メカニズムを活性化して、脂肪の燃焼効率を上げていきます。日常的に魚中心の食事をしている方に肥満や糖尿病が少ないといわれるのは、このEPAの作用があるからです。

さらに、EPAには体脂肪の増加を抑制するホルモンであるGLP-1の分泌を促進する働きもあります。GLP-1が分泌されると、血糖値が安定して空腹感が遠のき、胃での消化の速度を遅くします。その結果、食欲が満たされ、大食いをしなくても満足できるようになるのです。余計な食事を摂らなければ、それだけ体内に蓄えられる脂肪も少なくなります。

EPAの摂取方法

魚と野菜中心の食事内容にすると、必要な量のEPAを摂取することができます。週に8回程度は魚料理を食べるとよいでしょう。日常的に魚を食べられない方が必要なEPAを摂るには、サプリメントを利用することもできます。

ただし、アメリカの基準では1日2g以上のEPAおよびDHAを摂ってはいけないとなっています。摂りすぎると血液がサラサラになりすぎて、凝固しづらくなることもあるので注意してください。

関連記事

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!