脂肪燃焼系ダイエット成分「アミノ酸」

更新日:2016/12/09 公開日:2014/04/23

脂肪燃焼系サプリメント成分

私たちの体を構成しているものに、アミノ酸があります。 アミノ酸は生命の源ともいわれ、体全体の20%は20種類のアミノ酸で構成されています。 私たちにとって必要不可欠なアミノ酸は、最近になってダイエットにも利用されています。ここでは、ドクター監修の記事で、アミノ酸のダイエット効果について解説します。

筋肉強化

体を作るアミノ酸

1806年フランスで、最初のアミノ酸アスパラギンが発見されました。以降、システィンやグリシンなど、つぎつぎと新しいアミノ酸が発見され、1935年までにすべてが発見されたのです。

食事によってタンパク質が体内に入ると、20種類のアミノ酸に変化して体のさまざまな組織を作っていきます。筋肉や血液なども20種類のアミノ酸の組み合わせで作られます。

また、体を動かすためのエネルギー源にもなります。生物が生きていく上で、必ず必要な栄養素がアミノ酸なのです。

基礎代謝を上げるダイエット

アミノ酸ダイエットとは、この体の組織を作る作用とエネルギー源になる力を利用したダイエットです。

私たちの体は、何もせず眠っている時でも生命を維持するためにエネルギーを必要としています。これが基礎代謝で、血流を維持したり、心臓を動かしたり、呼吸をしたりする時のエネルギーです。

この基礎代謝が高い場合は、脂肪の付きにくい太りにくい体質になります。動かずにいても多くのエネルギーが必要なので、脂肪を蓄えることなくすぐに使ってしまうからです。

反対に、太りやすい体質は、エネルギー消費量が少なく、脂肪を余らせてしまいます。使うことなく余った脂肪は、すべて白色脂肪細胞に蓄えられて体脂肪になります。

アミノ酸ダイエットは、この基礎代謝を上げることができます。

最終目標は、太らない体質

もちろん、ただアミノ酸を摂取しただけでは、基礎代謝は上がりません。筋肉の増強が必要になります。

運動によって筋肉を付けると、それだけ基礎代謝が上がりエネルギーの消費量も増えていきます。1週間に2、3回の筋肉トレーニングで、基礎代謝が10%上昇するともいわれています。

アミノ酸は、種類によってどの部分にアプローチするのかが違います。より脂肪を燃焼するアミノ酸を摂ってから運動をすると、体内に溜まった脂肪を効率よく燃やすことができます。

そして、運動終了の1時間以内に筋肉の生成に関係するアミノ酸を摂取すると、無理のない筋肉の強化ができます。筋肉の強化を図ると、運動効率も上がりエネルギー消費量もさらに大きくなります。

つまり、太らない体ができあがるのです。

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!