1429名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

生理前のおりものの特徴とケア方法

更新日:2016/12/09 公開日:2014/04/01

この記事の監修ドクター


スキンケア大学参画ドクター

生理前のおりもの

女性の膣内から出る「おりもの」は、生理周期だけでなく体の状態によっても変化します。そのため、よく観察することで体の状態を把握する要素にもなります。ここでは、「生理前のおりもの」について解説していきます。

黄体期~生理前(月経前)のおりもの変化

「生理前」とは、一般的には月経が始まる数日前のことを指すことが多いですが、生理(月経)周期の中では排卵期と月経期の間、約2週間にわたる「黄体期(おうたいき)」にあたります。個人差はありますが、月経期の1週間前くらいからイライラしたり、お腹が痛くなったり、PMS(月経前症候群)の症状が出ることが多く、精神的にも身体的にも不調を感じはじめます。

黄体期に起こるおりものの変化

・排卵期に比べおりものの量は減っていく
・白みがかった色になる
・においが強くなっていく
・生理前は量が増え、少量の血が混じることもある

おりものの色や質感、量などにはかなりの個人差があります。そのため、黄体期のおりものの状態が上記の変化とは違う場合でも、いつもより量が多い、色や質感が違うなど極端な変化がない限り、すぐに異常や病気の疑いがあるとはいえません。しかし、おりものの変化で不安になってしまう女性はとても多いです。どうしても気になってしまうときは、迷わずに婦人科に相談しましょう。

月経周期ごとのおりものの変化は『生理周期別!おりものの変化』をチェックしてください。

妊娠超初期の場合、黄体期のおりものは変化する?

排卵期に受精卵となり、黄体期で着床した際の「妊娠超初期」には、おりものがどのように変化するのか?ネット上でもさまざまな声が出ています。しかし、妊娠したからといって、基本的におりものに大きな変化はなく、妊娠したかどうかのサインとなるものはありません。人によっては、超妊娠初期にいつもとは違うおりものが出てくることもありますが、すべての人に共通するものではありません。ただし、流産などの原因となるおりものもあるので、大きな異変を感じたら医師に相談しましょう。

詳しくは『妊娠超初期症状であらわれる「おりもの」の変化』もチェックしてください。

生理前のおりものケアについて

生理がくる数日前から、おりものの量は増えていく傾向があります。その際は、おりものシート(パンティライナー)を活用するとよいでしょう。ただし、長時間の間、同じシートをつけっぱなしにしていると雑菌が繁殖し、膣炎や膀胱炎などを招く原因になるので注意してください。特に生理前はおりものの量が多くなるタイミングなので、トイレなどに行った際に、おりものが確認できたらシートを交換する、というくらいの頻度が理想です。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート