3071名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

おりもので分かる身体の不調とは

更新日:2016/12/20

おりものの量の変化

汗かきの人がいるのと、そうでない人がいるように、おりものの量にも個人差があります。

「私のおりものの量は正常なの?」と疑問に思ってもあまりにもデリケートな話なので、他人に相談したり、婦人科のクリニックでも上手に伝えられないという人も少なくないはず。

女性ホルモンの影響を受けるおりもの

おりものの量が増える時期やケースを知ることで、身体の変化をチェックすることができます。

おりものは女性ホルモンの変化と密接な関係があり、月経周期で言えば、最も増えるのは排卵期。おりものには、精子を包み込んで卵子まで運んでいく働きがあり、排卵期の受精を手助けしてくれます。

この時期のおりものは、透明でゼリー状。その後、おりものの量は減少しますが、生理前になると、また量が増えて、血が混じったり、臭いがきつくなる傾向があります。

おりものの変化に注意

通常のおりものは、半透明~白っぽく、乾くと黄色か褐色になります。やや甘酸っぱいような臭いがすることもありますが、それほど気にならないのであれば正常な範囲。

しかし、色・量・臭いが大きく変化する場合は、ストレスなどによる疲れで、ホルモンバランスが乱れているサイン。ゆっくり休む時間をとって、疲れをケアしてあげましょう。

また、おりものの量の異常や変化が、ときには病気が原因で起こっているケースもあります。カッテージチーズのようなポロポロしたおりものの場合はカンジダ膣炎、赤褐色の場合はがんが疑われるなど、治療が必要な場合も。

普段から自分のおりものの状態を知っておくことで、身体の変化や異変を早めにキャッチしましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート