やけどの正しい処置とやけど跡のケアとは

更新日:2017/10/26 公開日:2014/04/30

物理・化学的皮膚障害

高熱の液体や固体、炎に触れて起こるやけど。医学的には熱傷と呼び、熱による皮膚や粘膜の損傷のことを指します。やけどは他の怪我とは異なり出血などはしませんが、赤みや水ぶくれといった症状が起こります。

やけどとは?

やけどとは熱によって生じる皮膚や粘膜の損傷です。専門的には熱傷と言い、日常の中で熱湯、炎、可燃性のガス、電気、化学薬品、たばこなどに触れて起こり、感染症を引き続いておこしやすくなります[1]。

やけどの深さによる分類

熱傷の深さによって4段階に熱傷の程度は分かれます。最も浅いものが「1度熱傷」と呼ばれて、皮膚の表面にとどまるケースです。赤みや水ぶくれができて、ヒリヒリするのが特徴です。さらに深くなると、「浅達性2度熱傷(せんたつせいにどねっしょう)」と呼ばれて、皮膚の表面より一段深い真皮まで及びます。赤みが強く、ヒリヒリする感覚、痛みも激しくなります。患部はじゅくじゅくとして、水ぶくれもでき、体液がしみ出してきます。

さらに深くなるものが、「深達性2度熱傷(しんたつせいにどねっしょう)」です。真皮のより深い部分まで影響が及び、皮膚の表面がはがれるように潰瘍になります。長引いてケロイド状になり、瘢痕(はんこん:跡が残った状態)として残る場合が多くなります。

さらに、深いと「3度熱傷」となります。皮下脂肪まで達したケースです。細胞が死んでしまう壊死(えし)が起きるほか、感覚が消失してきます。高度の瘢痕、ケロイドが後に残ってきます。

熱傷は皮膚のバリアが壊れてしまうことで、感染症の危険にさらされることが問題になります[2][3][4]。

やけどの重症度

やけどは、深さに加えて、体の表面のうち、どれくらいの面積に影響しているかでさらに重症度を考えます。

やけどの範囲が狭く、しかも浅い場合には外来通院による治療となります。目安とされるのは、2度熱傷で体の体表面積の15%未満、3度熱傷で体の面積の2%未満です。

やけどの範囲が広く、しかも深い場合には入院による治療となる場合もあります。目安とされるのは、2度熱傷で体の体表面積の15%~30%、3度熱傷で体の面積の2%~10%。顔や手、股を含まない場合です。

体の表面に占めるやけどの面積が広い場合には、救急センターでの集中治療が必要となります。体表面の30%以上が2度以上の熱傷、あるいは10%以上が3度以上の熱傷場合、顔や手、股などの特殊な場所の熱傷、気道熱傷、化学熱傷、電気による電撃症では、救急車を呼びます[5]。

やけどの正しい応急処置

やけどの処置は、患部を冷却することが最も重要です。そのため、皮膚をやけどしてしまった場合は、患部を流水でどんどん冷やすように心掛けましょう。もし衣服の上から熱湯や油をかぶった場合のやけどでは、衣服の上から流水で冷やすようにしましょう。無理に衣服を脱がせてしまうとやけど部分の皮膚も一緒にはがれてしまう可能性があり、水泡が破れ、痛みが強くなる場合もあるので、かえって治療の時間を長くしてしまう恐れがあります。やけどをした患部は徐々に腫れをともなうので、アクセサリーなどはすぐに外すようにしましょう。

やけどが小範囲にとどまる場合には水道水で冷やし、広範囲である場合は浴室のシャワーで冷やします。低体温にならないよう気をつけるほか、意識障害や不整脈が起きていないかも注意します[5]。

多くの場合、流水で冷やすのをすぐに止めてしまいがちですが、最低でも15分から30分は冷やし続けましょう。指先のやけどの場合はさらに時間が必要で、1時間くらいが目安です。患部を冷やしつつ皮膚科に受診し、適切な治療を受けましょう。素人判断で外用薬を使用しないようにしましょう。

先に説明した通り、重症度によって医療機関での治療は異なります。一般的には、医療機関では当初7日~10日の間は毎日受診するよう勧められています。1度や2度の程度の軽いものは、その後2~3日ごとの診察を受けることになります。2度で程度の重いものや3度の場合には入院をして1~2カ月以上の入院と外来通院が必要になる場合もあります[4]。

やけど跡のケア

やけどは症状の程度にもよりますが、1度や浅達性2度の程度の軽いものは、跡も残らず治るケースは多いといえます。深達性2度、3度のケースでは跡が残ってきます。治療後は、できるだけ跡を残さないように、きちんとしたケアをする必要があります。

傷跡を残さない医療機関の治療には、ステロイド、クリーム、テープを使った方法があります。包帯やサポーターでもりあがった表面を圧迫するような対処が取られることもあります。さらに内服薬を使った治療もあります。治療法については、皮膚科に相談するのがよいでしょう[4]。

参考文献

  1. [1]デニス・L・カスパーほか編. ハリソン内科学 第5版. メディカル・サイエンス・インターナショナル 2016; 166e
  2. [2]MedlinePlus. "Burns" NIH. https://medlineplus.gov/burns.html (参照2017-10-16)
  3. [3]DermNet NZ. "Thermal burns" New Zealand Dermatological Society. https://www.dermnetnz.org/topics/thermal-burns (参照2017-10-16)
  4. [4]皮膚Q&A. "やけど" 日本皮膚科学会. _https://www.dermatol.or.jp/qa/qa8/q05.html_ (参照2017-10-16)
  5. [5]熱傷(やけど)に関する簡単な知識. "概略と応急処置" 日本熱傷学会. _http://www.jsbi-burn.org/ippan/chishiki/outline.html_ (参照2017-10-16)

この病気・症状の初診に向いている科 皮膚科

今すぐ読みたい

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!