1441名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

抗酸化成分・食品(8)ローズヒップの効果と効率的な摂取法

更新日:2017/09/14 公開日:2014/05/01

この記事の監修ドクター

麻布十番クリニック 院長
大森真帆先生

ローズヒップ

ローズヒップのビタミンCはレモンの20倍

ローズヒップはバラの果実です。広い意味ではあらゆる種類のバラの果実をローズヒップと呼びますが、ハーブ等として一般的に親しまれているのはイヌバラ(ドッグ・ローズ)の果実です。

ローズヒップが食用として注目されるようになったのは意外と最近で、第二次世界大戦中のイギリスでのことでした。戦時中とあって食糧不足が心配されていた時に、ローズヒップに大量のビタミンCが含まれていることが分かり、栄養補助食品として用いられるようになったのです。

そのビタミンC含有量は、なんとレモンの20倍以上です。このことから、「ビタミンCの爆弾」という異名もあるほどです。

ローズヒップが美白・シミ対策に有効な理由

高品質のビタミンCを含んでいる

ビタミンCには、様々な美白・シミ対策効果があります。最も有名なのは、強力な抗酸化作用です。シミの元となる活性酸素の発生を抑えるため、美しいお肌の実現に繋がります。また、メラニン色素を生成する酵素であるチロシナーゼの働きを抑制する作用もあります。

そのほかコラーゲンの合成を促進したり、ストレスを緩和する効果があったりなど、シミの原因を複数のアプローチで防いでくれます。

※ビタミンCのもつ美白・シミ対策について詳しくは『抗酸化成分・食品(2)ビタミンCの効果と効率系な摂取法』 をご参照ください。

ローズヒップに含まれるビタミンCはただ多いばかりではなく、品質も優れてるのが特徴です。本来ビタミンCは熱に弱い性質を持っていますが、ビタミンCを壊れにくくするバイオフラボノイドを含んだローズヒップのビタミンCは、一般的なビタミンCよりも熱に強く、体内でより効率的に吸収されるのです。

リコピンによる美白効果

ローズヒップにはリコピンも含まれています。リコピンも強い抗酸化力を持っているので、ビタミンCと同様に活性酸素を除去してくれます。また、こちらもチロシナーゼの働きを抑える作用があるので、シミの発生を根源から絶つことができます。

ビタミンB群による美白効果

ローズヒップにはビタミンB群も含まれます。ビタミンB群はそれぞれ助け合って皮膚や粘膜の健康を維持してくれる8種類のビタミンの総称です。ビタミンB群は皮膚の成長や代謝を促進する作用を持っていますので、シミの原因となる皮膚の炎症が起きた時も、治りを早くしてくれます。

抗酸化ビタミンであるビタミンEも含まれる

さらにローズヒップには抗酸化ビタミンの代表格であるビタミンEも含まれていますので、活性酸素の除去効果はより一層高まります。また、ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ることで働きが良くなるという側面もあります。つまりローズヒップを摂ることはビタミンEの力を最大限に発揮することにもなります。

 

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート