5219名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビ跡を治したい!どのように化粧品を選ぶべき?

更新日:2016/12/09

ニキビ跡を治したい!どのように化粧品を選ぶべき?

毎日使う身近な化粧品で気になるニキビ跡を目立たなくすることができたら、こんなに嬉しいことはありませんよね。

化粧品は薬と違って直接的な効果はありませんが、ニキビ跡に応じた適切な成分を含む化粧品を選ぶことで改善への手助けをすることができます。

ニキビ跡の改善に効果的な化粧品

(1)茶色っぽいシミのようなニキビ跡

メラニンによって色素沈着を起こし茶色っぽいシミのようになったニキビ跡の場合には、美白成分を含んだ化粧水や美容液、クリームなどが有効です。

(2)赤みや、浅いクレーターのニキビ跡

赤っぽいニキビ跡や真皮にまで及んだダメージによるクレーター状のニキビ跡(浅いもの)には、フルーツ酸などのお肌の新陳代謝を活発にする成分が配合されたピーリング化粧品を使うと効果的です。これは、自然治癒をサポートすることで改善効果が期待できるためです。

(3)しこり、ケロイド、深いクレーターのニキビ跡

ダメージがかなり深部にまで達したことで起こるしこりやケロイド、深いクレーターのニキビ跡の場合は、自然治癒は難しいので、皮膚科専門医による治療を受けることになります。

レーザーや光治療(フォトセラピー)、ダーマローラーなど、症状に応じたさまざまな治療方法があり、多くは治療後に腫れやかさぶたが治癒するまでのダウンタイムが必要になります。

腫れやかさぶたが治まるまではお肌のバリア機能が極端に低下している状態なので、日焼け止めクリームや帽子を使用するなど、紫外線対策をしっかりたてましょう。

美白化粧品について

美白成分は、メラニンのどこに働きかけるかによっていくつかの種類に分けられます。

例えば、すでにできてしまった色素沈着を改善したいのか、それとも現在あるニキビの色素沈着を予防したいのか、あるいは両方の効果を求めるのかで選ぶ成分が違います。両方の効果を持つ成分もあるので、ニーズに合ったものを選びましょう。

(1)メラニン抑制効果と還元効果をダブルで備えた成分

  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン

(2)抑制効果がある成分

  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • カモミラET
  • コウジ酸

美白成分が配合された化粧品には、美白化粧水、美白美容液、美白乳液、美白クリームのほか、美白パックなどもあります。

自分のお肌の状態をチェックして、それぞれの化粧品のもつ効果を確認しながら必要に応じて使いましょう。

ピーリング効果のある化粧品

ピーリング化粧品は、肌表面の不必要な古い角質を人工的に取り除くことで、お肌のターンオーバーを促します。化粧水やジェル、洗顔料などがあり、酸性のピーリング成分(主にグリコール酸やフルーツ酸などのAHAや、サリチル酸などのBHA)を含んでいます。

商品によってピーリング効果の強さが異なるので、使い方をしっかり把握した上で使うようにしましょう。ニキビ跡を早く改善したいからといって、頻繁に使いすぎたりピーリングローションを長くお肌に付けておいたりすると、お肌にダメージを与える可能性があります。

どのような化粧品を選べばよいか分からない場合は、一度皮膚科を受診し、ドクターに相談することをオススメします。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

スキンケア講座

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート