3433名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

気になる「美白点滴・注射」の実力は?

更新日:2016/12/09

美白点滴・注射

美白に効果的な注射と点滴

美白を目的とした注射や点滴は、サプリメントや内服薬よりも成分がダイレクトに作用するので即効性に優れていると言われており、より高い効果を求める方に利用されています。

クリニックによって、美白に効果的な注射や点滴のメニューはさまざまです。美白だけでなく美肌や疲労回復などにも対応していることも多いので、ご自身の肌や身体の調子などに合わせて医師と相談のうえ、どのような成分をどのように取り入れるか決めるとよいでしょう。

美白に効く成分は?

美白注射・点滴には、主に次の2つが使われています。

ビタミンC

メラニンの生成を抑える、できてしまったメラニンを還元する、活性酸素を抑えるなど、シミやソバカスへの美白効果があります。また、コラーゲンの生成を助けるので、シワやたるみなどにも効果的です。

ビタミンCは水溶性のため、食品などで摂取した全てが体内に吸収されるわけではありません。静脈注射または点滴で投与します。

プラセンタエキス

複数のアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含む胎盤由来のエキス。化粧品などでは馬や豚のプラセンタエキスが使われていますが、クリニックで扱えるのがヒト由来の胎盤です。注射には、このヒトプラセンタが使用されています。

プラセンタ注射は、美白効果が高く、くすみやシミ、肝斑の改善や予防に効果的です。他にも、コラーゲン生成を促したり抗酸化作用、保湿作用、抗アレルギー作用などもあるので、総合的に美肌づくりに働きかけてくれます。プラセンタエキスについては、皮下注射または筋肉注射で投与します。

しかし、プラセンタ注射には注意も必要です。プラセンタエキスの注射をした方は、自分の血液を献血することが制限される、ということを覚えておいてください。

美白注射はビタミンCとプラセンタエキスが主に行われていますが、さらに相乗作用を求めて、ビタミンB群、アルファリポ酸などを混ぜて使うこともあります。

  • ビタミンB群:ビタミンB2、B6は、不足するとニキビができやすくなったり、肌荒れを起こしやすくなります。また、ビタミンB12は、細胞の成長を促します。
  • アルファリポ酸:ビタミンCやEの400倍近くもの抗酸化作用があるとされる成分で、活性酸素を抑制し、代謝アップ、老化対策、疲労回復に効果があります。

その他、点滴の成分はクリニック毎に工夫されていることがほとんどです。また、症状や希望に合わせて点滴を調合してくれるクリニックもあります。治療を受ける前にドクターに確認しましょう。

注射や点滴で美白を手に入れるには

注射や点滴はある程度続けることで、効果が感じられるようになります。点滴の場合は1回20分程度、注射の場合は数分で終わりますが、美白効果の持続を求めるならば、例えばプラセンタ注射などは週1回程度のペースで継続的に行うことがススメられています。ビタミンC点滴でも、月に2回ほどの頻度は必要となります。

美白を目的とした注射や点滴の場合は、健康保険は適用されませんので料金的に負担がかかります。医師と相談しながら計画的に治療を行っていきましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート