1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

アラントインは、炎症の抑制や肌組織の修復を活性化する効果などが認められ、軟膏などに配合されることもある医薬品成分です。ちまたでは「美白効果がある」ともいわれていますが、これは本当なのでしょうか。また、人体への毒性や副作用の心配はないのでしょうか。詳しく解説します。

かたつむりの粘液にも含まれるアラントイン

アラントインは19世紀頃に牛の羊膜の分泌液から発見された成分で、語源は羊膜(アラントイン)からきています。植物の代謝物として穀物の胚芽やタバコの種子、コンフリー(ヒレハリソウ)の根などにも存在しています。また、アラントインには合成品もあります。通常は尿素から合成されており、無味無臭の白くて柔らかい粉末状です。

アラントインの主な効果は、抗炎症作用です。傷の治りをよくする効果のほか、皮膚を保護する効果も期待できることから、軟膏や医薬品のリップクリームなどに含まれる場合もあります。

アラントインとかたつむりの関係

一時期、かたつむりを原料とした美容クリームやマスクが話題になりましたが、かたつむりの粘液の中にも天然のアラントインが含まれています。かたつむりの飼育中に、できた傷がすぐに癒えることが南米で注目され、アラントインが含有されていることが発見されたのです。かたつむりの粘液には、アラントイン以外にもコラーゲン、エラスチン、グリコール酸などが含まれています。

アラントインの美白効果

では、アラントインに美白効果はあるのでしょうか。

先に述べたとおり、アラントインには炎症を抑える作用があります。そのため、たとえばニキビによって炎症を起こした肌に使用することで、ニキビ跡を防ぐ効果は期待できます。

また、新しい肌の再生を促進させる作用により、肌の傷などへの働きかけも期待されます。古くなった肌を取り除くことにより、メラニンを含む古い角質も一緒にはがれ落ちるという意味では、色素沈着を防ぐ効果も期待できるかもしれません。

美白効果が期待される化粧品は一般的に医薬部外品に分類されるものです。しかし、アラントインによる美白効果は今のところ認められていません。また、アラントインが含まれた医薬部外品はありますが、アラントインを主成分とした医薬部外品もありません。

医薬品におけるアラントインの効果

アラントインは、医薬品としては以下の作用が認められています。

消炎鎮静作用

文字通り、肌の炎症を抑える作用です。ニキビや湿疹によって生じる炎症の鎮静作用が期待されます。

修復賦活(ふかつ)作用

肌組織が修復されるのを促します。肌荒れの改善などに効果が期待されます。

抗刺激剤作用

皮膚への刺激を緩和する作用が期待されます。

抗アレルギー作用

アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)の影響から肌を守る効果が期待されます。有効成分としてグリチルレチン酸誘導体とアラントインを配合し、ヒアルロン酸ナトリウムを保湿成分として配合したクリームを使用した臨床試験では、アトピー性皮膚炎の患者99名のうち78.8%に症状の改善が見られたという報告もあります。

アラントインの副作用について

今のところ、人体に対する毒性などは確認されていません。ただし、医薬品(製品)には副作用による影響が記載されているので、製品ごとに確認しましょう。使用の際は十分に注意し、パッケージの注意事項をよく読んで使用するようにしてください。

まとめ

アラントインは、医薬品として肌の炎症を抑える作用や肌荒れ改善などの作用、抗アレルギー作用が期待される物質です。一方で、美白に関する効果は認められておらず、美白効果が期待される医薬部外品でもアラントインが配合されたものはありません。一方、化粧品としては乳液や育毛剤などのヘアケア製品、リップクリーム、入浴剤、ベビーパウダーに配合されているものもあります。

医薬品としての副作用や人体への毒性などは確認されていませんが、医薬品にはその製品の副作用や使用上の注意が記載されているので、使用時にはしっかり注意書きを確認しましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート