5232名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビ跡を改善する治療(4)皮膚再生治療

更新日:2016/12/09

ニキビ跡

ニキビ跡の改善で注目されている皮膚再生療法(PRP療法)をご紹介します。皮膚再生両方とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

皮膚再生療法(PRP療法)とは?

自分自身の血液を利用する再生医療の一種で、ニキビ跡の改善だけでなくエイジングケアとしても注目されている治療方法です。

採血して取り出した血小板の濃縮成分(PRP;Platelet-Rich Plasma、多血小板血漿)を患部に注入し、細胞を再生させます。

どんなニキビ跡に有効なの?

お肌の細胞自体が活性化して壊れた組織を修復するので、今まで治療が難しかった深いクレーター状のニキビ跡の治療に効果を発揮します。

皮膚再生治療の作用は?

皮膚再生治療のメカニズムは次の通りです。

(1)自分自身の血液から抽出した成分を注入する

血液中の血小板は出血した際に血を止めたり、ダメージを負った血管や細胞を修復する働きがあります。この血小板を多く含む多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう)という成分を取り出して、肌に注入します。

(2)約1~2カ月をかけて肌の内部から活性化

血小板には、血管新生や線維芽細胞活性化、コラーゲン産生などを促進する成長因子があり、この成分が注入された肌の真皮や皮下組織でゆっくりと作用してコラーゲンや毛細血管などを再生していきます。

(3)肌が再生されて自然に凹みを修復

成長因子の作用で再生された真皮のコラーゲンや毛細血管によって、クレーターの凹みを修復します。

皮膚再生治療のメリットとデメリットについて

自分自身の血液が原料なので、アレルギー反応の心配が少ないのが大きなメリットです。採血を行ったその日に注入することができます。

またヒアルロン酸などは時間と共に吸収されて効果が消滅しますが、皮膚再生治療の場合には肌自身が再生しているため、長期にわたって効果が期待できます。ただし高い効果を得るためには入する血小板の濃度や量、注入する部位など、熟練したドクターによる調整が不可欠です。

治療を受ける際の注意点

健康保険が適用されない自費診療になるため、クリニックによって料金設定が異なります。1回あたり数十万円のクリニックが多いようです。事前に問い合わせをしておくと安心です。

またドクターが皮膚再生治療によるニキビ跡改善に関して精通しているかどうかも成果を左右しますので、信頼できるドクターとじっくりと相談しましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

スキンケア講座

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート