2600名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

美白化粧品の種類と正しい選び方(1)

更新日:2016/12/09

美白化粧品

自分の肌に合った美白ケアを選ぶ

シミやくすみができるメカニズムが解明され年々新たな美白化粧品が発売されていますが、選び方や使い方を間違うと思うような効果が得られないだけでなく、肌トラブルを起こすこともあります。

美白化粧品と呼ばれているものは、正確には「医薬部外品」です。医薬部外品は、薬事法では化粧品と医薬品の中間のものとして定義されています。薬よりは効果は緩和だけれど、何らかの改善効果が期待でき、有効成分も厚生労働省より指定されています。

「美白」をうたえる医薬部外品に配合される成分には、次のものがあります。

  • アルブチン:コケモモから抽出された成分。メラニン生成を抑制する働きがある。
  • エラグ酸:イチゴなどのベリー類から抽出。メラニン生成を抑制する働きがあり、肌の老化を防ぐ。
  • カモミラET:カモミールという植物から抽出。シミを作るよう指令を出す情報伝達物質エンドセリンを抑制します。
  • t-AMCHA:紫外線によるシミを防ぎます。
  • トラネキサム酸:人工的に作られたアミノ酸化合物。メラニン色素の沈着を防ぎます。肝斑にも効果的。
  • ビタミンC誘導体:ビタミンCを吸収しやすくしたもの。抗酸化作用、チロシナーゼの抑制作用があります。シミ・そばかす予防に効果。
  • プラセンタエキス:豚や馬などの胎盤から抽出したエキス。メラニンの生成を抑制し、代謝を高める作用がある。エイジングケア効果を期待できます。
  • リノール酸:ひまわり油などから抽出。メラニン生成を促進するチロシナーゼを抑制する。
  • ルシノール:モミの木成分を改良した化合物。メラニンを生成する酵素の結合を阻害する。シミ・黒ずみの発生を抑えます。

このような厚生労働省に認められている美白成分の種類とその特徴を知り、自分に合った成分が配合されている美白化粧品を選ぶと良いでしょう。

肌サイクルを整えるケア+持続できる美白ケアを

私たちの肌は紫外線のダメージやホルモンバランスの乱れなど、くすみやシミの原因を常に抱えています。大きなダメージを受けている時に集中的な美白ケアを行うことも大事ですが、それ以上に大切なのが持続できる美白ケアです。

例えば、シミが気になった時だけに美白ケアを行うのでは効果はありません。くすみやシミを改善したければ、長期的なケアにより肌を少しずつ生まれ変わらせる必要があるのです。毎日無理なく続けていけるシンプルな美白ケアを取り入れるのが良いでしょう。

また肌のターンオーバー・サイクルを正常に働かせるために、ピーリングで古い角質をきちんと落とし、水分・脂分をバランス良く補給することも忘れずに。特に30代を過ぎてからは、美白ケアと同時に保湿をしっかりと行いターンオーバーを促していくことをオススメします。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート