1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook
メイク講師・小野寺舞先生のメイクアップ講座

シミ、そばかすをカバーするファンデーションの選び方

更新日:2016/12/09 公開日:2014/06/01

皆さんは、ファンデーションを選ぶとき、何を重要視していますか?

シミ、そばかすが気になる場合、「カバー力が強いものが良い」という方は多くいらっしゃるかと思いますが、ファンデーションの種類により、カバー力は異なります。

まずは、どのような種類があるかを、簡単にご説明します。

ファンデーションの種類

ファンデーションには、以下のような種類があります。

(1)パウダリーファンデーション

粉末を固めた形状で、肌への負担が少なく、さらっとした使い心地です。初心者の方も使いやすく、人気があります。カバー力は低いものが多いです。

(2)リキッドファンデーション

液状ファンデーションで、テクスチャーが軽い物から重いものまで種類が豊富です。保湿成分配合のものが多く、乾燥から肌を守ってくれます。伸びが良く、カバー力が高いものが多いです。

(3)クリームファンデーション

リキッドファンデーションに比べ、テクスチャーが重たく、しっとりとした仕上がりになります。厚塗りになりやすいので、ナチュラルに仕上げるには注意が必要です。カバー力が高いものが多いです。

(4)ケーキファンデーション

水で湿らせたスポンジで使用するファンデーションです。汗や水に強く、のびが良いのが特徴です。化粧崩れしにくいので、カバーしたところが長持ちします。

(5)ルースファンデーション

粉状のファンデーションでパウダーとも呼ばれます。使用感がとても軽く、ナチュラルに仕上がりますが、カバー力は低いです。

シミやそばかすをカバーするのに適したファンデーションの選び方

注意しなければならないのが、シミ、そばかすをカバーするのに、「ファンデーションのみで仕上げる」のか、「コンシーラーも使用して仕上げるのか」ということです。

それにより、選び方は異なります。

「コンシーラーを使うのがめんどくさい!」という方は、ファンデーションにカバー力を求めて選ぶのがよいでしょう。しかし、カバーしなくても良い場所もあるかと思います。

部分的であれば、カバー力が高いものを選ぶ必要はありません。コンシーラーを併用し、ファンデーションは厚ぼったくならないものを選び、ナチュラルな肌を作りましょう。

具体的な選び方は以下の通りです。

(1)広範囲で濃い色味のシミやそばかすがある場合

広範囲でシミ、そばかすが気になる方はカバー力が高い以下のようなファンデーションを選びましょう。

  • クリームファンデーション
  • ケーキファンデーション

(2)広範囲で薄い色素のシミ、そばかすが気になる方

薄いシミやそばかすが広範囲で存在する場合は、カバー力がありつつ、厚ぼったくなりにくいものを選ぶのがおすすめです。

  • リキッドファンデーション
  • クリームファンデーション

(3)部分的なシミ、そばかすが気になる方

部分的なシミ、そばかすが気になる方はコンシーラーを使用するのを前提に、ファンデーションを選ぶのがオススメです。

  • パウダリーファンデーション
  • リキッドファンデーション
  • ルースファンデーション

「コンシーラー+薄づきのファンデーション」の組み合わせがオススメ

顔の全体にカバー力の高いファンデーションを使用してしまうと、どうしても厚塗りになってしまいがちです。

化粧崩れの際も直しにくくなりますので、メイクが崩れやすい春夏シーズンは、なるべくコンシーラーを使用し、ファンデーションはリキッドやパウダータイプなど、薄くナチュラルに仕上がるものを選びましょう。

次の記事では、ファンデーションとコンシーラーを使用し、シミやそばかすを上手にカバーする方法をご説明します。

※こちらの記事はメイクアップアーティスト/メイク講師の小野寺舞先生にご執筆いただき、ドクターの監修を経て制作をいたしました。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア講座

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート