1523名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビ肌のための化粧水選びのポイント

更新日:2017/02/11 公開日:2014/05/15

この記事の監修ドクター

広尾プライム皮膚科 医師
谷口由紀先生

大人のニキビ肌には保湿が必要不可欠!

大人の肌にできるニキビは、思春期ニキビとは違った原因によってできてしまいます。いわゆる「大人ニキビ」ができてしまう主な原因は、「古い角質の蓄積」「肌の乾燥」の2つが関わっています。

まず、肌の代謝が悪くなると次第に、剥がれ落ちるはずの角質細胞が残り、毛穴を古い角質でふさいでしまいます。また、ターンオーバーの低下によって角質層の層構造の乱れで生じる「肌の乾燥」は毛穴をふさぐ角質を厚く、そしてかたくしてしまいます。これが、大人ニキビをさらに悪化させる原因にもなります。こうしてふさがった毛穴にアクネ菌が繁殖し、炎症ができた状態のことを「大人ニキビ」と呼びます。

化粧水の役割

洗顔後の肌に、最初につけるのが化粧水です。しかし、その後の美容液や乳液、クリームなどに比べると、どちらかというと「わき役」のようなイメージではありませんか。

肌にうるおいを与え、キメを整えるのが化粧水の役割です。洗顔後の肌は皮脂量が減り角質も薄くなっているので、バリア機能が低下しています。そのままにしていると、過乾燥に陥ったり、外からの刺激に負けて肌荒れを起こしたりもします。

洗顔後はすぐに化粧水でうるおいを与え、肌の状態を安定させることが大切です。そうすることで、化粧水の後に続く美容液・乳液・クリームなどの成分がより浸透しやすくなります。

なお、化粧水のつけ方については、コットン派と手の平派に分かれるのではないかと思います。基本的には好みで構いませんが、ニキビが炎症や悪化を起こしている場合は、どちらかというと手の平がおすすめです。なぜならばコットンは、ムラなくつけられるというメリットがあるものの、肌に刺激を与えてしまうことも多いからです。

化粧水選びのポイント

ニキビ肌の人は、「皮脂を抑える」「さっぱりタイプ」といった化粧水を選びがちですが、保湿タイプのものを選ぶのがおすすめです。保湿成分としては、セラミド、ヒアルロン酸やコラーゲンなどがあります。また、肌のキメを整える成分があると注目されているのが、肌への浸透性を高めたビタミンC誘導体です。

ニキビ肌用のスキンケア製品を使いたい方は、ノンコメドジェニックのものを選ぶとよいでしょう。ノンコメドジェニックとは、ニキビができにくい成分を使っている化粧品です。たとえば植物性スキンケアに使われることの多いオレイン酸は、ニキビ菌にとっては栄養分になってしまいます。ノンコメドジェニックには、そのような成分は配合されていません。

避けた方がよいもの

化粧水は洗顔後の無防備な肌につけるため、成分がストレートに肌に浸透していきます。そのため、きちんと成分を確認してから使用することが大切です。

皮脂を取り過ぎる

化粧水の中には皮脂分泌を抑える作用のもの、コットンなどで皮脂を拭き取るようにして使うものもあります。そのような化粧水を使い続けると、逆に皮脂が過剰に分泌されるようになることがあります。

アルコールを含む

「さっぱりタイプ」の化粧水には、アルコールが配合されている場合があります。アルコールは水分と一緒に蒸発するので、肌が過乾燥の状態に陥ってバリア機能を低下させる傾向になってしまいます。

10代向け

思春期のニキビ向けの化粧水は、皮脂を抑え殺菌する成分で作られています。大人が使うとうるおい不足になり、肌のバリア機能を低下させてしまいます。

乳液やクリームなどのアフターケアまでしっかりと

乳液は洗顔後、化粧水や美容液を浸透させた成分を肌に閉じ込める働きを持っています。洗顔によって失われたうるおいを、まずは化粧水で補うことができます。しかし、化粧水だけではすぐに蒸発してしまいます。そこで、美容液を使用して、うるおいを持続させます。そして、化粧水や美容液の役目を守るために、乳液を使用します。

理想的なスキンケアの順番は、「化粧水→美容液→乳液→クリーム」の4ステップ。乳液は、少量を顔全体に伸ばすことを心がけましょう。「化粧水だけで十分」だと考える人もいるかもしれません。しかし、スキンケア不足で肌のうるおいが維持できなくなると、次第に皮脂の分泌量が増えてしまう可能性があります。

ニキビ肌の保湿に関して、詳しくは『ニキビ跡を治すケアのポイント(2)保湿』をご覧ください。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア講座

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート