3468名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビ肌の洗顔料の選び方

更新日:2016/12/09

洗顔料

洗顔料選びのポイント

『ニキビの治し方(2)洗顔』で、ニキビと洗顔の関係や正しい洗顔方法を解説しました。そうすると次に「では、どの洗顔料を使ったらいいの?」と思うのではないでしょうか。

洗顔による皮脂や潤いの取り過ぎが、ニキビを悪化させる場合があります。肌にとって必要な皮脂まで洗い流してしまうと肌のバリア機能が低下してしまい、洗顔で水分が奪われると肌が過乾燥の状態になります。これらは毛穴周辺の過角化を引き起こし、ニキビの発生や悪化に繋がるのです。

つまり洗顔料に求められる機能は「汚れだけを落として、潤いは残すこと」。この条件を満たす洗顔料を選ぶためのポイントをご紹介しましょう。

洗浄力

「汚れをしっかり落とす」「さっぱり洗顔」などと謳っている洗顔料のなかには、洗浄力が強過ぎるものもあります。洗浄力を高めるために強い成分が配合されている場合もあるので、ニキビ肌の人は特に注意が必要です。

必要な皮脂や潤いを残し、肌を傷めず洗うために重要なのが「泡」。手指ではなく泡で洗うことが重要なので、しっかりとした細かい泡が作れる洗顔料を選ばなければいけません。フォームタイプあるいはジェルタイプなどの形状は関係なく、しっかりとした泡ができるかどうかが重要です。しっかりと泡立てるために安価で手に入るネットを利用するのもオススメです。

 

タイプ別の特徴

一般的な洗顔料にも、様々な形状があります。それぞれの特徴やメリット、デメリットを紹介しましょう。

フォームタイプ

最もよく見かけるタイプで、チューブに入っているものが大部分です。泡を作るには少し手間がかかるかもしれません。1回あたりの使用量が多くならないように気を付けましょう。

泡タイプ

泡になった状態で出てくる洗顔料で、ポンプ式の容器に入っています。泡を作る手間がかからず便利で、肌への刺激が低いものが多いのがメリットです。

ジェルタイプ

水分が多く、泡が作りやすいというメリットがあります。ただし、洗浄力が高いものが多いようです。

石鹸タイプ

成分が特化しているものが多いのが特徴です。例えば美容成分、オーガニック成分、天然成分などがあります。ただし泡を作るのに手間がかかります。

オールインワンタイプ

クレンジングと洗顔が1本でできるのがオールインワンタイプの洗顔料です。しかしメイク汚れや日焼け止めなどは、簡単に落ちるものではありません。汚れが残ってしまう可能性があります。

あるいはそれらを1本で完全に落とせるとしたら、かなり洗浄力が高い成分が入っているということになります。いずれにしても、ニキビ肌にはオススメできません。

その他の洗顔料

普段使いの洗顔料というよりは、角質や毛穴に直接アプローチするような洗顔料もあります。

ピーリング洗顔料

フルーツ酸が配合されていて、古い角質を除去する効果があります。毛穴詰まりを解消し新陳代謝を促すので、ニキビ肌の改善が期待できます。ただし一般的な洗顔料と比べると肌への刺激が強いので、注意が必要です。

スクラブ洗顔料

細かい粒子が入っている洗顔料で「毛穴の奥までキレイにする」などと謳われているものが多いようです。しかし実際は、毛穴の汚れが取れるわけではありません。むしろ肌の表面を傷付けるというデメリットがあるので、ニキビ肌にはオススメできません。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート