3468名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビ肌の美容液の選び方

更新日:2016/12/09

美容液

美容液の役割

スキンケアというと「化粧水、乳液、クリーム」が基本アイテムで、美容液はプラスアルファのものと思っていませんか。実はニキビ肌の保湿ケアにおいて、美容液も重要な役割を果たします。

洗顔後の肌には、化粧水で潤いを補います。しかし化粧水の主な成分は水分なので、時間が経つと蒸発して肌が乾燥してしまいます。美容液の役割は、化粧水で補った潤いを高濃度の保湿成分によって持続させることです。肌から潤いが逃げないように「フタ」をするというイメージです。つまり化粧水は即効性、美容液は持続性に優れているのです。

潤いを保つという意味では、化粧水の後には乳液やクリームでも良いのでは?と思われるかもしれません。しかし一般的な乳液やクリームには油分が含まれていて、「フタをする」というよりも「膜を張る」役割を担います。化粧水と美容液の働きを、さらに包み込んで守るのが乳液や美容液です。

※ニキビ肌における保湿の重要性については、『ニキビの治し方(3)保湿』をご覧ください。

美容液選びのポイント

美容液は様々な有効成分が高濃度で配合されています。保湿、美白、エイジングケアなど目的別に特化されているものが多いのが特徴と言えるでしょう。ニキビ肌の場合、基本的には保湿効果を重視して選んでください。

成分として保湿とバリア効果が高いセラミド、抗酸化作用のあるビタミンC誘導体がオススメです。またホホバオイル、ドクダミエキス、オウゴンエキスなどの植物性成分が配合されている美容液も良いでしょう。

セラミド

セラミドは角質層に存在する成分であり、美容液で補うことで肌の潤いとバリア機能を高めます。

ビタミンC誘導体

皮脂の分泌をコントロールすると共に、皮脂の酸化を防ぎます。また炎症を抑え、炎症后色素沈着を改善させる効果もあります。

ホホバオイル

天然の植物オイルで、保湿効果や皮脂分泌を抑える作用があります。

ドクダミエキス

ドクダミの葉や茎から抽出したエキスで、殺菌作用や炎症を鎮める効果があります。

オウゴンエキス

コガネバナの根を原料とした植物エキスで、炎症を鎮める作用や皮脂分泌を抑える作用があります。

価格と効果について

一般的な美容液は高濃度の有効成分でできているため、他のスキンケア製品と比べると価格は高めです。その分、肌への効果も期待できますが必ずしも価格が高ければ良いというわけではありません。スキンケアの心理として、高価な美容液をつけることで満足して他のお手入れを怠ってしまう人、あるいは高価だからもったいないと、ほんの少量しかつけないという人がいます。

結果的に、せっかく高機能の美容液を使っているのに肌の状態が良くならないのです。そうなるくらいなら、安価な美容液を気兼ねなくたっぷりと使った方が良いと言えます。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート